ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > > セラミックおひつ買ってみた。一週間で割れた。

セラミックおひつ買ってみた。一週間で割れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年04月21日 カテゴリ:
コレは便利!立つしゃもじ買ってみた」の後、アマゾンを眺めていたら魅力的な商品を見かけました。

有田焼 遠赤セラミックス ご飯用保存容器 おひつ君(1500cc)です。

ご飯を美味しく保存!おひつ君
炊飯器で炊き上げたご飯をこの容器に移し替えると、ご飯の黄ばみと臭いを抑えて、美味しく保存ができる。温め直すときは容器ごと電子レンジに入れ、加熱するだけで温かく美味しいご飯ができる

遠赤外線セラミックスの効果で、お米を美味しくする
遠赤外線は全ての物質から放射されているが、特に食物が吸収しやすい波長領域で如何に効率よく放射されるかがポイントとなる。おひつ君に使用している素材は低温領域から高温領域及び食物が吸収しやすい波長領域 (3ミクロン-10ミクロン) において、安定した遠赤外線を放射し、また放射率も0.8以上と大変高く、食物に対しても効率よくその効果を発揮する

多孔質の素材で出来ている為、炭の効果と同じように「脱臭」「保水効果」がある
炊飯器で炊き上がったご飯を保温状態にしておくと、黄ばみが発生し、乾燥してパサパサの状態になるのは、内釜自体が保水できる構造ではないことと保温による水分の発散のためにおこる
この気孔が程よく水分を吸収するためご飯の乾燥を防ぎ、また臭いを吸着するので美味しく保存する事ができる。蓋も同じセラミックス素材を使用している

このおひつにご飯を移し替えたら、イイ感じに保存出来るのかなと思って、先月注文してみました。


届いたのは、味も素っ気もない、こんなダンボールのパッケージでした。



ダンボールを開けてみると、「ニューセラミックスおひつ」と書かれた取扱い説明書が。



中から取りだしてみました。想像していたよりも重く、プラスチックや木などとは違って、気を付けないと落として割れそうだな、と思いました。



おひつの裏側。



このおひつを持ってみて、おなべのフタのような取っ手がなくて、手軽にフタを開けにくいな、と思いました。両手で礼儀正しく開けろ、ということかもしれませんが、手軽さはないように感じました。けっこう重さもありますし。

それから、おひつ本体部分にもお鍋のような取っ手が付いていないので、こちらも持ちにくく感じました。これでは、たいして時間もかからないうちに、おひつの蓋か本体を下に落として、割ってしまいそうだなと不安に思いました。

まぁ、この心配は違う意味で外れました。


セラミックおひつを買ってみて一週間。その間、試しに家で作ったお赤飯を入れてみただけで、効果がどれくらいあるかもわかっていない状態でした。

「カシャン!」

台所から音がしました。

セラミックおひつを買って一週間、早くも割れてしまったようです。


でも心配していたおひつそのものを滑らして割ってしまったのではありませんでした。

なんと、軽いお鍋のフタを滑らせて、おひつのフタに上に落としてしまったようです。その結果、おひつのフタが簡単に割れてしまったみたいです。


というわけで、セラミックおひつは、評価もわからないうちに壊れてしまいました。


なお、世の中にはこのおひつのフタだけを壊す人が大量にいるのか、楽天ではフタだけの部品販売が当たり前のように行われています。フタだけ普通に売っているというのは珍しいですね。


これから買おうと思っている人は、取り扱いに注意するようにして下さい。