ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > プログラミングTIPS > AWSからProduct Advertising APIへ

AWSからProduct Advertising APIへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年05月10日 カテゴリ:プログラミングTIPS
Amazonが、アソシエイト・プログラムを通じてAmazonの商品を広告しているWebサイトに支払っている額は、年間で数十億円にものぼります。

アマゾンのAPIは今まで、Amazon Web サービス(AWS)によって提供されていました。今後はこのAWSが変更され、「Product Advertising API」となり、新たに認証のための電子署名を含める必要が出てきました。約3ヶ月後の2009年8月15日から、認証されない場合には、アマゾンのAPIへのリクエストが処理されなくなります。詳しくは、AWS登録時のメールアドレス宛のメール本文と「Product Advertising API」のページで確認できます。もちろんAPIを利用するには、Product Advertising API ライセンス契約の条件に同意し、条件を遵守する必要があります。

「いきなり、そんな難しいこと言われても…」と困っている人もたくさんいることと思います。そこで、現時点でのProduct Advertising APIへの対応方法を書いているページをリンクとしてまとめておきました。言語別に分けてありますので、まずは自分のWebサイトで利用している言語のページからチェックしてみるのが良いと思います。あと3ヶ月の猶予がありますので、それまでに対応しておきたいですね。