ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > 雑記 > ASKAはモンハンの集団ストーカー被害に遭っていた可能性

ASKAはモンハンの集団ストーカー被害に遭っていた可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月11日 カテゴリ:雑記
ASKAのブログ(2016.01.09公開分/キャッシュ) - Togetterまとめを読みました。

1996年のロンドンを皮切りに、飯島愛、盗聴盗撮、覚醒剤など、多岐にわたる内容でした。序盤だけを読んだとき、「ゴーストライターか?」と思ったりもしました。1996年6月のロンドンMTVアンプラグドライブの後、日本に帰ってきて「私はMDMAの類似モノもあるはずだとネットで検索をした」と書いてあり、「さすがにこの時期にネット検索は早すぎるのでは?」と思ったりしました。1996年1月にヤフー株式会社が設立され、8月にNetscape Navigator 3.0とInternet Explorer 3.0が発表されました。ASKAの話をまとめただけのゴーストライターが書いた説を疑いながらも、その後の盗聴盗撮でASKA本人による文章だと信じるようになりました。統合失調症の可能性が高そうです。覚醒剤の影響による幻覚症状、あるいは覚醒剤をきっかけにした統合失調症発症なども考えられますが、ASKAの文章に嘘がないのなら(ロンドン以降、覚醒剤等の常習がなかったのなら)、覚醒剤とは関係なく統合失調症を発症した後に、盗聴盗撮集団と戦うために覚醒剤に手を染めていった可能性の方が高そうです。ただ、ここまでの症状になっている以上、偽りの記憶による妄想追想という可能性もあります。ASKAの文章に“「こうやって文字にして行くと、いろんなことを多く思い出せました。警察の調書で喋ったことと細部が違っているのです。違っているというよりも「細部がはっきりとしてきた」の方が正しい表現でしょう”とあります。本人は真実を語っているつもりでも、記憶が書き換わっている可能性があり、どこまで信じて良いのか、それはASKA側からの証言だけでは判断できないところもあります。真実はわからないにしても、集団ストーカーによる日々のストレスを想像するだけでもツラく、昼夜問わず繰り返される集団ストーカー被害に、覚醒剤を使って対抗してしまったことには、少しだけ気持ちがわかります。

さて、そのASKAによる盗聴盗撮の集団ストーカー被害ですが、本当にそのようなものはあったのでしょうか?ASKAは、自分について何か言われている(これを自己関係づけといいます)という妄想を膨らませ、統合失調症になっている可能性が高いです。ぎなた読みによる暗号解読により被害妄想を加速させ、症状を悪化させていってしまったように感じます。

以下、少し調べて、想像してみました。カプコンのモンスターハンターフロンティアが原因であった可能性が高いです(書いたことに一切確証はありません)。


■「隊長!Aが強力になって行っています!」
私が主に疑っていたところは、ある人物のブログとツイッター。そして、もうふたつのツイッターと、ある掲示板の5カ所だけだった。リンクを辿って行けば、かなりの人数でやっていることだろう。掲示板では、

「隊長!Aが強力になって行っています!」
→おそらく、Aとは、モンスターハンターのモンスターのこと。ASKAの略のAではない。モンハンを話題にしたブログや掲示板、ツイッターで情報収集していたと思われる。


■ターゲットに対し、いちばん早かったものが優勝です。
掲示板では、

「緊急です!これより○○大会を開催いたします。ルールはいつもどおり。ターゲットに対し、いちばん早かったものが優勝です。」

と、書き込まれていた。瞬時に思った。ターゲットとは私のことだ。パソコンに何かあるのだと思った。私はマンションの管理人に連絡をし、サーバー会社の電話番号を聞いた。
モンハンで、一番早くモンスターを倒した人が優勝のプレイヤー内ゲームルールのこと。暗号でも何でもなく、普通にモンハンをやっていただけ。


■「狩り」と、呼んでいた。
彼たちは、このゲームのことを「狩り」と、呼んでいた。
→カプコンのモンスターハンターをプレイすること(クエストに行ってモンスターを倒すこと)を、「狩り」と呼ぶのは一般的。


■エスには勝てないねぇ。
「お帰り。」「戻って来ると信じてた。」「やっぱり、止められないんだねぇ。」「エスには勝てないねぇ。」
「エス」というのは覚せい剤の俗称だ。いったい、いつまで盗聴盗撮を続けるつもりなのか。収まらない感情が湧いた。
→エスとは、覚醒剤Sのことではなく、モンハンのモンスターであるエスピナスのこと。


■今、ツコタ
私がそれを使用すると、瞬時に「今、ツコタ」と書き込まれた。ターボライターの音を聞いているのだ。「ツコタ」とは「使った」という意味である。
→「今、ツコタ」とは、覚醒剤を使ったのではなく、モンハンの回復薬か何かを使っただけのこと。ゲームの中の薬。


■アイツは眠らずの薬を持ってるからなぁ
(このゲームで)「アイツは眠らずの薬を持ってるからなぁ」と書かれる。
眠らずの薬とは、モンハンの元気ドリンコのことと思われる。ASKAが初期に見ていたのはモンスターハンターフロンティアオンラインの掲示板等であった可能性が高いが、このエクスタシーの章は2013年11月。モンスターハンター フロンティアGにアップデートされ、元気ドリンコの性能が上がって眠気覚ましの効果が付与されたため。


■叫び声はサンプリングされて、今、大手ゲーム会社のゲームで使われている
私は一度だけ部屋で大声を出したことがある。自分でも驚くほどの声だった。これに反応すれば証拠となる。思った通り、その叫び声はサンプリングされて、今、大手ゲーム会社のゲームで使われている。あの時の自分の声だ。間違いはない。ゲーム会社はその事実を知らないだろう。盗聴はひとりふたりの個人的なレベルではない。ある動画サイトのプログラマが中心となってやっているのだ
→モンハンのティガレックスか何かの叫び声っぽい→親父のモンスターハンター2ndG日記+α:【ASKAさんこれからも宜しく御願いします】
→ASKAという名前のモンハンプレイヤーが存在していて、本当に運が悪かった。
→ちょっと追記:そのASKAというプレイヤーが、モンスターハンターフロンティアで嫌われていたらしい。2ちゃんねるの掲示板に晒されていたのを見て、それをASKA自身が自分だと勘違いした可能性が高い→【MHF】ムカつく猟団、嫌いなプレイヤー【1鯖】88
ASKAさん見てるぅー?^^v
→「同じURLで違う内容のものが存在している」という今回のASKAの発言は、キャッシュや過去ログ、2ch.sc等の可能性。



ということで、ASKAは6年もの間、一人で盗聴盗撮集団と戦い続けていました。ほぼ誰にも相談できず、勇気を出して相談したとしても誰にも信じてもらえない。日夜繰り返される盗聴盗撮集団からの攻撃。その攻撃とは、モンスターハンターフロンティア関連の掲示板、ブログ、ツイッター等に書き込まれた、ごく普通の内容であった可能性が高いです。その書き込みを、すでに精神を壊していたASKAが読んで、自分が攻撃されていると妄想拡大させてしまった。そういうストーリーだったのではないか、と私は考えています。


覗き込むような視線で見張られてる
見晴らしのいい 場所で見張られてる

何故か眠りを許されず 生きることを与えられた

俺の命は繋がれた プラグの中にあるような気配だ

ゲームの気配だ…

なお、「ASKAは覚醒剤によっておかしくなってしまった」、「ASKAはシャブ中の影響が抜けていない」などの声を聞きますが、ASKAは2008年から2014年までの6年間、一人孤独に盗聴盗撮集団と戦い続けてきました。ログも残っていると書かれています。ASKAがシャブに手を出したのは2010年であり、シャブの影響で頭がおかしくなったのではなさそうです(さらなる妄想拡大を招いた可能性はありそうですが。また、覚醒剤以前に麻薬や危険ドラッグ等にどれだけ手を出していたのかはわかりません)。盗聴盗撮集団と戦うためにシャブに手を出したようです。24時間関係なく攻撃される盗聴盗撮集団と戦うためには、眠いからといって眠ってはいられなかったということでしょう。覚醒剤で目を覚まし、ひたすらモンスターハンター関連の書き込みを保存していったのだと思われます。警察に押収された資料の中には、大量のモンスターハンター関連スレッドの書き込みやスクリーンショットのデータなどが入っていたのではないかと想像されます。




おまけ

■私は、そのタイトルをアルファベットで書き出して、その書かれたモノを今度は逆から読んでみた
彼たちの仲間内の歌手が活動していた。初めてそのPV(プロモーションヴィデオ)を観たときに嫌悪感を覚えた。私は、そのPVが気になりダウンロードした。そして何度も再生した。そのPVは文字を効果的に使ってあったが、その文字が気になるのだ。私は、そのタイトルをアルファベットで書き出して、その書かれたモノを今度は逆から読んでみた。唖然とした。死んだ女性のイニシャルから始まる読み方になっている。そして、彼女の部屋が「○Hズバリ狩り区」と読めるように書かれている。それが、タイトルになっているのだ。
→○Hズバリ狩り区(○hzubarikariku)を逆読みに戻す→ukirakirabuzh○→kirakirabushi→レキシ / きらきら武士 feat. Deyonna - YouTube
きらきら武士
→ちょっと追記:モデルのきらさんも“実は震災の影響で初期版とは違うものが公開中 完成直後に幻のあのシーンを目にされた方はかなりレアですよ〜”と言っているように、初期版は違う動画がアップされていたのは事実→最近のお仕事・きらきら武士!|仲川希良オフィシャルブログ「キラキラの素」Powered by Ameba

■レキシの活動
最後はなぜかCHAGE and ASKAの「SAY YES」のワンフレーズで締めくくるというカオスぶりを見せた→野音「SWEET LOVE SHOWER」に12組登場、晴天のもと6000人が熱狂 - 夕刊アメーバニュース

■吉田豪によるASKAの文章力考察
吉田豪)文章力、あるんですよ。面白コラムニストとしての技術があるんですよ。キレている話をこうやってポップに表現できる。→吉田豪 CHAGE and ASKA 飛鳥涼の魅力を語る



1月12日追記:新しくASKAがYahoo!でブログを始めたようです。→ASKAのブログが削除されたのは、はてなのせい。新たにYahoo!でブログ開設!
1月14日追記ASKAの言う「同じURLで違う内容のものが存在」とはこれのことか