ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > 雑記 > 偽装?セクハラ疑惑の橋本聖子議員のHPが怪しい

偽装?セクハラ疑惑の橋本聖子議員のHPが怪しい

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年08月22日 カテゴリ:雑記
フィギュアスケートの高橋大輔選手に、橋本聖子議員がキスをしたと話題になっています。無理矢理キスを迫ったことはセクハラではないのかという指摘を受け、「キスを強制した事実はない」とセクハラ疑惑を真っ向から否定する橋本聖子議員。その橋本聖子議員の公式ホームページは執筆時現在、アクセスすると、下記のように表示されます。
橋本聖子
只今アクセスが集中しており、ページを表示することができません。
しばらくたってから、アクセスいただきますようお願いいたします。
表示内容からは、一般のアクセスが多すぎて、サーバーが正常に表示できていないように見えます。

ソースコードを確認すると、このように書かれていました。
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis" />
<title></title>
<style type="text/css">
.center {
text-align: center;
}
</style>
</head>

<body>
<p class="center">&nbsp;</p>
<p class="center">&nbsp;</p>
<p class="center">只今アクセスが集中しており、ページを表示することができません。
<p class="center">しばらくたってから、アクセスいただきますようお願いいたします。
</body>
</html>
なぜか下2つのPタグが閉じられていない、とネットで話題になっていました。これだけなら、ちょっとしたミスなのでたいした問題ではありません。問題はソースコードではなく、返ってくるステータスコードです。

橋本聖子議員HPのトップページにアクセスすると、「200 OK」というステータスコードが返ってきます。橋本聖子

これは、何の障害もなく普通にページが表示できたときに返すステータスコードです。しかもレスポンスタイムは、27msの高速レスポンス。本当にサーバーの混雑が原因なら、レスポンスに時間がかかり、「503 Service Unavailable」や「403 Forbidden」等を返すのが一般的です(あくまで一般的な話なので、サーバー側で設定すれば、違う表示も一応可能です)。「200 OK」は、サーバーが正常なときに使われるステータスコードです。

他のページにアクセスした場合はどうだろうと、存在しなさそうなページにアクセスしてみました。takahashiというディレクトリにアクセスしてみた結果…
要求 URL: http://www.seiko-hashimoto.com/takahashi
要求メソッド: GET
ステータスコード: HTTP/1.1 302 Found
302 Found」のステータスコードが返ってきて、以下のURLに転送されました。
Location: http://www.seiko-hashimoto.com/index.html
全然サーバーは混雑していなく、正常に転送できていました。

つまり、「只今アクセスが集中しており、ページを表示することができません。」という表示は、偽装である可能性が非常に高いです。アクセスが集中しているように見せかけて、他のページを見せないように隠蔽工作しているように推測されます。

サーバーが混雑しているように見せかけて、他のページを見させない」、これが橋本聖子議員陣営がとった戦略のようです。こういう戦略を採ってしまうと、「キスを強制した事実はない」という発言の信憑性まで下がってしまうような気がします。

本当は混んでいないのに混んでいると表示したら、それは嘘つきです。嘘つき議員になってしまいます。本来ならここは、「サーバー混雑」表示ではなく、「リニューアル作業のため、一時サイトを表示することができません」等と表示するのが正直な告知方法です。


なお、サーバーが元気な証拠として、画像の置いてある以下のディレクトリにアクセスすると、面白いものが見られました。
http://www.seiko-hashimoto.com/image/
橋本聖子
サーバーに置いてある画像ファイルの一覧です。パーミッションが適切に設定されていなくて、ディレクトリ内が丸見えの状況になっていました。あまり良くないサーバー設定です。画像も高速に表示されて、「混雑」の気配はまるで見られませんでした。

それから、サーバーの情報を見ると、以下の通り。
Server: Apache/1.3.42 Ben-SSL/1.60 (Unix) PHP/4.4.9 with Suhosin-Patch
今どきPHP4を使っているのはどうなのでしょうか。

おそらく、サーバーは「静岡県熱海市のホームページ制作|株式会社クレヨンネット!」が管理していると思われます。上のimageディレクトリ内に置いてあった画像も、他のホームページの「温泉・水まわりの総合管理|共立化学工業株式会社」で使われている画像と同じ画像が一部置かれていました。
http://kyoritu-spa.jp/image/
管理がずさんなように見えます。


とりあえず、「只今アクセスが集中しており、ページを表示することができません」という表示は偽装の可能性が高いので、他の表記に変えた方が良いと思います。



追記1:「.htaccess」も丸見えという情報をいただきました。
http://www.seiko-hashimoto.com/.htaccess
にアクセスすると、
ErrorDocument 404 http://www.seiko-hashimoto.com/index.html
が表示されます。

追記2:22日12:39にもう一度HPを確認したところ、表記が以下のように変わっていました。
現在、メンテナンスを行っています。


公開に向けての準備を行っております。
ご迷惑をおかけしております。
これで一応、「サーバー混雑」という偽装状態は解除されました。