ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > iPhone・iPad・Android > ソフトバンクのLTEエリアが意外と広かった件

ソフトバンクのLTEエリアが意外と広かった件

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年12月12日 カテゴリ:iPhone・iPad・Android
iPhone5を手に入れて、やっぱり気になったのは、「LTEはつながるのか、LTEは速いのか」ということ。iPhone5発売初日は、都内でさえLTEのつながるエリアが狭いと聞いていたので、神奈川ではまだまだLTEのエリアは狭いと思っていました。

家に持ち帰ったiPhone5は、すぐにiTunesで復元。アプリデータや家の無線LANのWi-Fi設定等が引き継がれ、家の中では常に高速通信。このままではLTEにつながるかどうかわからなかったので、とりあえず設定でWi-Fiをオフにして、LTEにつながるか試してみました。結果は「3G」の表示。

「あぁ、ワンセグがつながらないようなこんな地域じゃ無理か…いつ頃から神奈川でもLTEがつながるのだろう…」と思って、ソフトバンクの4G LTEエリアマップを調べてみました。

「あれっ、すでにうちもLTEエリア内だ!」

いつ頃始まるのだろう、どころか、すでにうちもLTEエリア提供範囲内でした。濃いオレンジのところが、すでにLTEでつながるエリアです。iPhone5発売から2ヶ月半の間に、ものすごい勢いでエリアが広がったようです。

エリアマップで濃くないオレンジの方が、2013年3月末までに拡大されるLTEエリアです。来年3月までには、南関東の山間部以外のほぼすべてのエリアでLTEが提供されるようです。これは自分の想像していたペースよりも、ずっと速いペースでした。今後イー・モバイル買収の効果も出てくるでしょうし、「つながらないソフトバンク」から「つながるソフトバンク」に本当に変わっていくのかもしれません。

本当にLTEでつながるのか

で、「提供エリアはわかったから、実際のところ本当にLTEでつながるの?」という疑問がありました。12月15日からは、いよいよテザリングサービスが始まるので、どれくらいのエリアでつながるのか興味もありました。

ということで、実際にiPhone5を持って神奈川から東京まで進みながら、LTEがどれくらいつながるのか体感してきました。

家の中ではLTEにつながらず3Gだったマイアイフォーン5。玄関を開けて一歩外に出たら、LTEにつながりました。本当に我が家もLTE提供エリア内でした。ただ、うちの地域の場合、家の中でつながるほどの電波の強さではないようです(自宅ではWi-Fiなので問題はありませんが)。

電車に乗って、東京まで行ってみました。「LTE」表示されるところはかなり広いように感じました。3Gが表示されている時間よりもLTEが表示される時間の方が長かったです。LTEにつながらないエリアでも、自動的に3G回線にはつながるので、通信上困ることもありませんでした。線路の近くだけLTEを強化している可能性も否めませんが、想像していたよりずっとLTEにつながるエリアは広かったです。

LTEは速いのか

LTEの速度について。これは一言、「速い!」。iPhone5の処理速度の速さと合わせて、Webページの読み込みなんかもあっという間に終わります。3Gでだらだら通信するのと違って、LTEなら一瞬です。iPhone4の3G接続でWebページを開いた時と比べると、体感で10倍くらい違うように感じました。それくらい速いです。LTEは想像以上に速くて、快適でした。

「LTEエリアはまだまだ狭いだろうし、どうせソフトバンクだからつながらないだろう」なんて考えていましたが、全然そんなことはなかったです。ちょっとソフトバンクを侮っていました。

iPhone5では、強制的にLTE対応のパケットし放題を選択する必要があります。これによって、今までのiPhoneと比べて通信費が月額1050円上がってしまうことに不満がありました。いざLTE回線を使ってみると、「1050円の価値は十分あるな」と思わせてくれるくらい速くて快適でした。一度使ってみただけで、もう3G回線のみの通信には戻れない感じになります。

auの4G LTEエリアは広い?

参考までに、MNPするか迷ったauの4G LTEエリアも確認してみました。


「auのLTEエリアめっちゃ広いやん!」

と思ったのもつかの間、下の方に小っちゃく薄くこんな記載がありました。
iPhone 5 の4G LTEサービスエリアはこちらよりご確認ください。
auは4G LTEエリアを、2GHz、1.5GHz、800MHzの3つの周波数帯で展開しています。このうちiPhone5で利用できるのは2GHz帯のみ。上のピンクのエリアは、3つの周波数帯すべてを使ったエリアです。iPhone5で利用できるLTEエリアとは違います。4G LTE対応アンドロイド機種なら上の広い範囲で使えますが、iPhone5のエリアはそこまで広くないようです(正確なエリアマップが公開されていないので、詳しくはわかりません)。

それとパケ詰まり問題も、本当かウソなのか自分では確認できませんが、ネット上で盛り上がっているようです。

ということで、予想以上にソフトバンクのLTEエリアが広くて快適だったので、ソフトバンクのままiPhone5に機種変したのは正解だったかもしれない、と思っています。