ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > 雑記 > ちきりんの正体が伊賀泰代だと話題に

ちきりんの正体が伊賀泰代だと話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年11月14日 カテゴリ:雑記
「そんじゃーね」で有名なおちゃらけ社会派ブロガーちきりん氏。

そんな彼女の正体が、伊賀泰代氏ではないかと話題になっています。

igayasuyo.comのPROFILEに、伊賀泰代氏の経歴が載っています。
●1982年 兵庫県立姫路西高等学校 卒業
●1986年 一橋大学法学部 卒業
●1986年 – 1991年 日興證券 引受本部(当時)勤務
●1991年 – 1993年
 University of California at Berkeley, Haas School of Business (MBA)

●1993年 – 2010年 McKinsey and Company, Japan 勤務
・1993年 - コンサルタント(Associate, Engagement Manager)
・1998年 - 採用・人材育成マネージャー
・2004年 - 採用マネージャー

●2011年 - キャリア形成コンサルタントとして独立

一方、ちきりん氏の経歴は、Business Media 誠:上杉隆×ちきりん「ここまでしゃべっていいですか」:なぜちきりんさんは、正体を明かさないのですか? (1/2)に載っています。
私は普通に大学を卒業し、大手の金融機関で働いていました。しかしそこを退職し、外資系の投資銀行で働こうと思ったのですが、その会社は日本の大学を卒業した人を相手にしていなかった。米国の大学を卒業していないと、「最終学歴を満たしていないわよ」といった雰囲気。

 「じゃあ私も海外に留学しよう」ということで、27歳から2年間、海外で過ごすことに。そして日本に戻って来て「また金融機関で働くか……」と考えたのですが、当時はバブル経済がはじけたばかり。これから“落ちていく”業界を選ぶよりも「違ったところのほうがいいかな」と思い、今は畑違いの外資系で働いています。
一橋大学を卒業後、日興證券に勤務し、その後2年間米国の大学へ行き、日本に戻ってきてマッキンゼーで働くなど、経歴がピッタリ合っています。2010年には、それまでの仕事を辞めたことも明かしています。

また伊賀泰代氏は、「Chikirin」を登録商標出願しています。

今月発売された伊賀泰代著の「採用基準」。カツマーこと勝間和代氏も、伊賀泰代さん著「採用基準」が発売になります。私も伊賀さんにより、マッキンゼーに採用された1人です。と宣伝しています。

勝間和代氏とちきりん氏と言えば、2011年に対談していたりします。


ということで、ちきりん氏の正体は伊賀泰代氏だろうと話題になっています。

そんじゃーね