ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > iPhone・iPad・Android > 新しいiPad発表!iPad2、初代iPadとスペックを比較してみる

新しいiPad発表!iPad2、初代iPadとスペックを比較してみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年03月08日 カテゴリ:iPhone・iPad・Android
Appleから新しいiPadが発表されました。新しいiPadの名前は、新しいiPadです。予想ではiPad3やiPad HDという名前になるのではないかと噂されていましたが、新しいiPadでした。

新しいiPadのキャッチコピーは「目に見えて革命的」。iPhone4が登場した時、「網膜の限界を超えた」と宣伝していましたが、今回は目に見える革命のようです。



さて、今回の新しいiPadで一番大きな変更点と言えば、もちろん「Retinaディスプレイ」に対応したことです。iPad2までの1024×768ピクセルから、2048×1536ピクセルへと大きく進化しました。縦が2倍、横が2倍になっているので、解像度は一気に4倍になっています。

iPadは、他のタブレット端末(Androidタブレット)に多い7インチのディスプレイと違って、最初から9.7インチの大きめディスプレイ搭載でした。この大きなディスプレイを活かすには、もっと解像度を高める必要がありました。iPhone4の「Retinaディスプレイ」に慣れた後に初代iPadを使うと、「なんか画面が粗いな…」と思ってしまうことがよくありました。

今回の新しいiPad(Tne new iPad)では、大幅にディスプレイの解像度が上がり、「Retinaディスプレイ」対応となりました。これでようやくiPadの大きめディスプレイを、本格的に活かすことができるようになったと思います。

もちろん解像度だけ上げても、そのせいで処理速度が追いつかなくなってしまっては意味がありません。新しいiPadには最新CPU「A5X」、「クアッドコアグラフィックス」が搭載されています。これにより、処理速度も快適なものになっていると思われます(まだ新しいiPadを触ったことがないので、体感速度はわかりませんが)。


さて、初代iPad、2代目iPad(iPad2)、3代目iPad(新しいiPad)のスペックを下表にまとめてみました。個人的に気になるポイントは、赤文字にしています。

   新しいiPad iPad2 初代iPad
プロセッサ
  • カスタム設計の高性能、省電力デュアルコアApple A5X SoC(System on a Chip)
  • クアッドコアグラフィックス
  • カスタム設計の高性能、省電力デュアルコアApple A5 SoC(System on a Chip)
  • 1GHz Apple A4カスタムデザイン高性能、省電力SoC(System on a Chip)
ディスプレイ
  • Retinaディスプレイ
  • IPSテクノロジー搭載9.7インチ(対角)クリアワイドスクリーン
    マルチタッチディスプレイ(LEDバックライト付き)
  • 2,048 × 1,536ピクセル、解像度264 ppi
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 複数言語および文字の同時表示をサポート
  • IPSテクノロジー搭載9.7インチ(対角)クリアワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ(LEDバックライト付き)
  • 1,024 × 768ピクセル、解像度132 ppi
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 複数言語および文字の同時表示をサポート
  • LEDバックライト、IPSテクノロジー搭載9.7インチ(対角)ワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ
  • 1024×768ピクセル、解像度132 ppi
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 複数言語および文字の同時表示をサポート
カメラ
  • 5メガピクセルiSightカメラ
  • オートフォーカス
  • タップしてフォーカス
  • 静止画での顔検出機能
  • HD(1080p)ビデオ撮影、毎秒最大30フレーム、オーディオ入り
  • ビデオの手ぶれ補正
  • FaceTimeカメラでVGA画質の写真とビデオ(毎秒最大30フレーム)を撮影
  • 写真とビデオへのジオタグ添付
  • バックカメラ:HDビデオ撮影(720p、毎秒最大30フレーム、オーディオ入り)、静止画(5倍デジタルズーム)
  • フロントカメラ:ビデオ撮影(VGA、毎秒最大30フレーム、オーディオ入り)、VGA画質の静止画
  • ビデオと静止画の露出をタップしてコントロール
  • Wi-Fi経由で写真とビデオにジオタグを添付
  • なし
重量および
サイズ
Wi-Fi
  • 高さ:241.2 mm
  • 幅:185.7 mm
  • 厚さ:9.4 mm
  • 重量:652 g
Wi-Fi + 4G
  • 高さ:241.2 mm
  • 幅:185.7 mm
  • 厚さ:9.4 mm
  • 重量:662 g
Wi-Fi
  • 高さ:241.2 mm
  • 幅:185.7 mm
  • 厚さ:8.8 mm
  • 重量:601 g
Wi-Fi + 3G
  • 高さ:241.2 mm
  • 幅:185.7 mm
  • 厚さ:8.8 mm
  • 重量:613 g
Wi-Fi
  • 高さ:242.8mm
  • 幅:189.7mm
  • 厚さ:13.4mm
  • 重量:680g
Wi-Fi + 3G
  • 高さ:242.8mm
  • 幅:189.7mm
  • 厚さ:13.4mm
  • 重量:730g
ワイヤレス Wi-Fi
  • Wi-Fi(802.11a/b/g/n)
  • Bluetooth 4.0テクノロジー
Wi-Fi + 4G
  • UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,900、2,100 MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900 MHz)
  • データのみ
Wi-Fi
  • Wi-Fi(802.11a/b/g/n)
  • Bluetooth 2.1 + EDRテクノロジー
Wi-Fi + 3G
  • UMTS/HSDPA/HSUPA(850、900、1,900、2,100 MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900 MHz)
  • データのみ
Wi-Fi
  • Wi-Fi (802.11 a/b/g/n)
  • Bluetooth 2.1 + EDR
 Wi-Fi + 3G
  • UMTS/HSDPA (850、1900、2100 MHz)
  • GSM/EDGE (850、900、1800、1900 MHz)
  • データのみ

新しいiPadは、4G通信にも対応しています。気を付けないといけないところは、通信事業者は「ソフトバンクのみ」なところです。iPhone4Sのように、auと契約することはできません。ソフトバンクの4G回線か、Wi-Fiモデルを利用する形になります。

新しいiPadの発売日は3月16日。価格は据え置きの4万2800円です。アメリカでの販売は499ドルで、新しいiPadはiPad2登場時と同じ価格設定です。日本では円高の影響で、新しいiPadは4万2800円からの価格設定です。性能はアップしているのに、安く買えるようになりました。旧型iPad2は1万円値下げされて、3万4800円からになりました。新しいiPadと新しくないiPadの価格差は8000円。この価格差なら、新しいiPadを購入した方が良いのではないかと思います。


 iTunes Store(Japan)




↑当ブログZAPA著の「わかる!iPhoneカメラ」、絶賛発売中です!↑