ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > iPhone・iPad・Android > AdobeがFlashによるiPhoneアプリ開発機能の開発を再開!

AdobeがFlashによるiPhoneアプリ開発機能の開発を再開!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年09月10日 カテゴリ:iPhone・iPad・Android


Appleの突然の規約変更により、FlashによるiPhoneアプリ(iOSアプリ)開発機能を終了させることになってしまったAdobe。本来なら、今年発売のFlash CS5で簡単にiPhoneアプリが開発できるはずでした。

ところが2010年9月9日、Appleの再度の規約変更により、再びAppleのサードパーティ製iOS開発ツールを使ったアプリ開発が可能となりました。
これを受けて、Adobeが早くも声明を発表しています。「Great News」のタイトルで。

Apple’s announcement today that it has lifted restrictions on its third-party developer guidelines has direct implications for Adobe’s Packager for iPhone, a feature in the Flash Professional CS5 authoring tool. This feature was created to enable Flash developers to quickly and easily deliver applications for iOS devices. The feature is available for developers to use today in Flash Professional CS5, and we will now resume development work on this feature for future releases.

Great News for Developers (Adobe Featured Blogs)
今日から「Flash Professional CS5」でiOSアプリを開発することができ、Adobeも一度は中止した「Packager for iPhone」の開発を再開するそうです。

すでにAppStoreでは、Flashによって開発されたiPhoneアプリが並んでいます。これはAdobeにとっても、開発者にとっても嬉しいニュースですね。