ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > 雑記 > mixiのプロフィールが改ざんされていたのは

mixiのプロフィールが改ざんされていたのは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年04月02日 カテゴリ:雑記
mixiはハッキングされているのか」で書いた、「某ダイエット等で有名な方」とは、岡田斗司夫さんのことでした。SNS内のことなので一応名前は伏せていましたが、もうニュースとして報道されてしまいました。しかもクローズドなSNS内の日記をスクリーンショット付きで。

岡田さんが怒っていたのは、改ざんされてしまうこと自体ではなく、mixiの対応の仕方についてでした。

有料会員からの問い合わせに対して、
「原因はわかりません」
「調べようもありません」
は、ちょっとひどい対応です。

改ざん時の対処マニュアルくらいは用意しておかないといけない問題です。


mixiはハッキングされているのか」のあとに、はてな匿名ダイアリーにも、原因として考えられるものがあげられていました。
1. 直にパソコンに触れる方(家族など)が、本人が寝ている時に改ざんしている
2. 本人のパソコンに、キーロガー(キー入力を全部記録するソフト)を入れて、新しいパスワードを入手している

mixiハッキング問題:妥当な反応の範囲内
他にも、ケータイをいじられた、岡田さんのPCがハッキングされている、無線LANを盗聴・改ざんされている、メールのパスワードがばれている、岡田さんが実は多重人格だった、mixiの情報が漏れている、mixi内にスパイがいるなど、いろいろな原因が考えられるわけです。

「原因はわかりません」ではなく、どういう原因が考えられるかだけでも、会員に教えてあげた方が良いのではないかと思いました。


[mixi] お知らせ「より健全な SNS を目指して」のページには、こう書いてあります。
皆さまにとって居心地のよい場所となるためには、mixiが健全なSNSであり続けることが非常に重要であると、私たちは考えています。サービス提供開始以来、mixi上で起こりうる様々なトラブルを未然に防ぐため、また、万が一トラブルが発生した場合には早期の発見、迅速な対応が出来るよう、様々な取り組みを実行しています。
プライバシーマーク認定企業として、そして警視庁からの削除要請など、これからはもっと頑張って欲しいです。

オタクはすでに死んでいる いつまでもデブと思うなよ 脱デブ
東大オタク学講座 プチクリ! ぼくたちの洗脳社会