ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > 競馬 > 有馬記念の全頭解説

有馬記念の全頭解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年12月28日 カテゴリ:競馬
今年最後の中央競馬G1レース「有馬記念」。

距離の長いレースと中山競馬場のレースの予想が苦手な自分にとって、1年最後のレースはなかなか当たらない。今まで有馬記念の予想がなかなか当たらなかった原因は、10月11月と東京コースで走る馬を見てきて、中山適正のある馬を選べなかったから。スピードやキレではなく、パワーも大事になる中山コース。それも考慮して予想を。

今年最後ということで、有馬記念の全頭解説付き。

馬名 性齢 予想 解説
1 1 カワカミプリンセス 牝5   復調してきたとは言え、ここは相手が強く、距離が長い。
2 2 ベンチャーナイン 牡3   3着狙いなら…。
3 3 コスモバルク 牡7   他馬に迷惑をかけずに走って欲しい。
3 4 エアジパング セ5   前走の内容がよくスタミナもあるので、このコースは走りそう。
4 5 フローテーション 牡3   父スペシャルウィーク、母父リアルシヤダイでスタミナは申し分ない。この相手でどこまでやれるか。
4 6 エアシェイディ 牡7   父サンデーサイレンス、母父ノーザンテーストの、G1では勝ちきれないタイプ。1800mや2200mのレースで好成績をあげ、400mの倍数のレースでは切れ味不足に泣く。こういう馬は古馬になってから突然1200mのG1で勝利したりするが、今回の2500mは少し長いか。
5 7 アルナスライン 牡4 スタミナもパワーもあるタイプで、3着狙いで押さえておきたい。
5 8 スクリーンヒーロー 牡4 前走でG1初勝利。スローペースを折り合い、決めて勝負での勝ち星。今回はペースが速くなる可能性もあるが、付いていければ1発の可能性も。首の使い方を見ていると、中山でも問題ない。
6 9 メイショウサムソン 牡5   ジャパンカップの時もそうだったが、今回も元気がない。ピークはもう超してしまったか。
6 10 マツリダゴッホ 牡5 中山の鬼。前走ジャパンカップは苦手の東京コースをスローペースで折り合いに苦労しながら、決め手勝負の展開で4着。あらためて能力の高さを示した。調教の動きも絶好で、2連覇なるか。
7 11 ドリームジャーニー 牡4   体の小さい馬なので他頭数になると厳しいが、今回は14頭立て。相変わらずフットワークはすばらしい。
7 12 アサクサキングス 牡4 切れ味がないので勝ち味に遅いが、スタミナはあるので3着狙いにはおもしろい。
8 13 ダイワスカーレット 牝4 前走激走からの反動が怖かったが、どうやら大丈夫。問題は距離。この馬にとって2500mは明らかに長い。ウオッカがそうであったように久しぶりの長距離戦で抑えがきくかどうか。昨年マツリダゴッホに敗れているだけに、早めの仕掛けでバテなければ良いが…。
8 14 アドマイヤモナーク 牡7   天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念と使ってきたが、この馬には荷が重いレースばかり。

今年はウオッカとディープスカイの超一流馬2頭が出走しないが、それでもレベルは決して低くない。ダイワスカーレットとマツリダゴッホも超一流馬で、強い馬が揃っている年のG1レースは見ているだけで楽しい。

本命は、マツリダゴッホ
前走ジャパンカップは、苦手の東京コースをスローペースで折り合いに苦労しながら、決め手勝負の展開で4着。不利な展開をこなしたことであらためて能力の高さを示し、得意のコースで2連覇を狙う。

対抗は、ダイワスカーレット
今まで出走してきたレースはすべて連対。この馬が出走したレースは平均的に速いペースで、勝ちタイムも速くなる。 前に付いていった馬はバテ、後ろから行った馬も最後にスタミナ切れを起こして捕らえきれなくなる。ただ、2500mは長い。去年マツリダゴッホに負けたのも、距離が不安で思い切った仕掛けができなかったから。今年は早めに動いてマツリダゴッホを負かしにいくようだと、バテる可能性も捨てきれない。それと、久しぶりの長距離戦で引っかからなければいいが…。順調にレースが運べれば、今年こそ優勝の可能性も。

1年最後のレースなので、マツリダゴッホ-ダイワスカーレットの馬連1点で楽しむのも良いが、一応3着争いとダイワスカーレットがバテたとき用の予想も。
もし有馬記念にウオッカが出走していたら、このコースでは消しだった。ディープスカイはまだ未完成なので、来年に備えて休養に入ったのは嬉しい。 オウケンブルースリが出てきたら3着は堅かったが、残念ながら出走せず。
3着争いは、スクリーンヒーロー、アサクサキングス、アルナスライン、エアジパング辺りで。
スクリーンヒーローのジャパンカップが、スローペースを折り合って決め手勝負での勝利だっただけに、フロックだったかどうかの判断が難しい。調教の動きを見ていると、首の使い方が中山競馬場にも合いそうで、もしかしたらものすごい強い馬なのかもしれないという気もしてくる。今回のペースを難なく追走できるようだと、上記2頭に割って入る可能性も。もし上位に来たら、来年はライバルのジャガーメイルのG1勝ちも見えてくるかも。
メイショウサムソンは弱い相手にG1を勝ってきたが、今年凱旋門賞から帰ってきた後の動きは良くない。このまま無事引退という流れで終わりそう。

というわけで、有馬記念の予想はここまで。いいレースを期待したい。