ドラゴンクエスト9攻略Wikiはこちら
ドラゴンクエスト6幻の大地攻略Wikiはこちら up


ネス

TOP

スマブラX攻略 の ネス を編集するページです。

基本データ

名前ネス
声優大本眞基子
出現条件
主な出演作MOTHER2 ギーグの逆襲
キャラクター説明『MOTHER2 ギーグの逆襲』に登場する主人公で、"PSI"の使い手。
イーグルランド・オネットの町外れで暮らしていたが、裏山に隕石が墜落した以来、世界を守るための冒険に出る。
外観は初代『MOTHER』の主人公に良く似ているが、舞台と時代が違うので、初代の方の主人公は『にんてん』である。
更に物語内では無口で話さないが、一人称はデフォルト名によると『ぼく』であるのは確か。
『ネス』と言う名前は、『ぼく』同様あらかじめ用意されたデフォルト名で、プレイヤーによって本名、
好きな人物、またオリジナルの名前にする事が多い。ちなみに『ネス』と言う名前の由来は、
ファミコンの海外版『Nintendo Entertainment System』、略して『NES』から。『MOTHER3』ではポーキー以外登場しないが、
ニューポークシティの映画館に上映されている映像からその姿が見掛ける。また、イカヅチタワーにある
キングPさま(ポーキー)の部屋では『ともだちのヨーヨー』と言うアイテムがガラスケースの中に発見され、
これは恐らくネスの物だと思われる。『ともだち』と言う呼び方にして、
恐らくポーキーはネスの事を本当に友達だと思っていたらしい。仲間には同じ"PSI"を使う少女のポーラ、
天才発明少年のジェフ、異国の王子のプーがいる。ちなみに今回スマブラシリーズでネスが使っている
『PKフラッシュ』以外の必殺技と最後の切りふだは、元々彼の物ではなく、ポーラとプーの物である。
DXの登場したポーラのフィギュアによると、恐らく後から彼に教えたらしい。

その他メディアでは、数少ない漫画に登場した。
伊藤紅丸による漫画、『ネスの大冒険』では主人公として登場している。
他にも4コマ漫画にも登場し、ボケ役やツッコミ役を演じている事がある。

なお、今作品の「最後の切りふだ」のボイスは、『64』の時に収録した「バンク音声」を起用している。

このキャラクターを使う上でのテクニック

空中戦が基本。小ジャンプからの前AやNAでダメージを与えていく。 空中のハンドスタンプは突撃に便利。 つかみ範囲は決して広くないが投げ技は強力。後ろ投げの決定力は高い。 バットやヨーヨーはスマッシュホールドと相性が良い。 動きは鈍く攻撃範囲が狭いのでスキができないように注意。

基本能力

体格重さパワースピードジャンプ壁ジャンプ壁張りつき滑空しゃがみ歩き
小さめやや軽い普通遅い2回不可不可不可不可

技の種類方向技名強さ(S〜E)備考
弱攻撃-
強攻撃
トス
スマッシュ攻撃バットスイング
必殺技-PKフラッシュ
PKファイアー
PKサンダー
サイマグネット
ダッシュ攻撃PKハンドスタンプ
空中攻撃-ネススピン
PKハンドスタンプ
PKドロップキック
ヘッドバット
ニードルキックメテオ
つかみ-
攻撃ヘッドバット
前投げPKスルーダメージに関係なく一定距離飛ばす
後投げPKリバーススルー
上投げ
下投げラピッドPKファイアー
アピール
最後の切り札PKスターストーム隕石がハの字状に落ちてくる

登場シーン

テレポーテーションの失敗で黒焦げになって登場。

コスチューム

赤(通常)、黄、白、青、緑に加え、紫の帽子に黒いどせいさんTシャツのバージョンがある。

勝利ポーズ

  • 元気よく2歩スキップの後、うなずく。
  • 左右を見回した後、頭をかく。64版キャラセレクト時のポーズ
  • バットの素振りの後ポーズをとる

勝利BGM

マザー1のタイトル曲の最後のほうをアレンジしたものと思われる。