渓谷の宿場

TOP

男「お 三度笠の旅姿たあ
いまどき めずらしいな。
コッパ「友の形見なんだとさ。
たしかに 三度笠している風来人は
あまり 見かけねえもんなあ。
男「へえー おめえさん
語りイタチかい!
こりゃまた めずらしい。

男「めずらしいよなあ・・・・・・
語りイタチかあ・・・・・・
いいなあ・・・・・・

クルクルのセンゾウ「いよう!
クルクルのセンゾウ「Yを押しながら十字キーを入れると
その場で回ることができるんだ。
クルクルのセンゾウ「こいつぁ ゆかいだ!

ナナメのジロキチ「おらあ ナナメなものに
めっぽう弱い人間でよお・・・・・・
昔話で こういうのがあるんだ。
ナナメのジロキチ「・・・Rを押しっぱなしだったために
ナナメしか歩けなかった男が
いましたとさ・・・・・・
ナナメのジロキチ「くううっ なけるじゃねえか!

チビのビエー「ぼく まだ子どもだから
モンスターと戦うと すぐHPが
へっちゃうんだ。
チビのビエー「そんな時 AとBを同時に押すと
HPの回復が早くなるよ。
チビのビエー「ただ その時は モンスターも
こっちに くるのが 早いから
気をつけてね。

シロのヘイジ「うおッス。
冒険に出る前に 話したいことが
あるッス。
シロのヘイジ「道中では
自分が 一手行動すると
モンスターも 一手行動するッス。
シロのヘイジ「行動ってのは たとえば
攻撃したり 歩いたり 道具を使ったり
することッス。
シロのヘイジ「でも反対に
自分が なにもしなければ
モンスターも なにも しないッス。
シロのヘイジ「しょうぎ みたいな
もんッスね。

倉庫の番人「ここは 風来人の倉庫だ。
倉庫の番人「ここに あずけた道具は たとえ
自分が冒険のとちゅうで ちからつきても
なくならずに すむんだ。
倉庫の番人「けど みんな使い方が
ヘタクソでよぉ・・・
倉庫の番人「あんたが うまく
使ってくれるんなら おれも
はりきって説明するが どうだ?
→説明を聞く
倉庫の番人「よし!
まずは どうやって倉庫に道具を
ためるかだ。
倉庫の番人「『倉庫の壷』というのがある。
この中に道具を入れると なぜか
この宿場の倉庫に送られてくる。
倉庫の番人「大切な物は
この『倉庫の壷』に入れるといい。
倉庫の番人「あとは こばみ谷を走る
『飛脚』たちだ。
倉庫の番人「ヤツラに頼めば
一個だけ道具を 街に とどけてくれる。
倉庫の番人「ちなみに ほかの村や町にも
『あずかり場』という倉庫と同じような
場所がある。
倉庫の番人「ここも『飛脚』に頼める。
倉庫の番人「あー よくしゃべった。
倉庫の番人「けど あんたなら
うまく使ってくれそうな予感がするんだ。
期待してるよ。
→やめとく
倉庫の番人「そうかい・・・

よびこみ「さあ さあ
よってらっしゃい! みてらっしゃい!
よびこみ「はるばる海を こえて やってきた
世にも不思議な ダンジョン館は
こちらだよ〜!

救助伝道師ホイ「おっと アナタ
とても りっぱな風来人アルね。
救助伝道師ホイ「ワタシ 風来救助を
世界に 広めるため はるばる海を こえて
こばみ谷まできたアル。
救助伝道師ホイ「風来救助というのは
旅のとちゅうで たおれてしまった風来人を
助けに行くことアルよ。
救助伝道師ホイ「助け合いの精神で
風来人のきずなを 深めるアルね。
救助伝道師ホイ「」救助に向かうときは
ワタシを たずねるヨロシ。

救助伝道師ホイ「風来人の救助に
向かうアルか?
→はい
救助伝道師ホイ「アナタ!
救助の依頼もってないアルよ。
救助伝道師ホイ「先にトップメニューで
救助の依頼を受けてくるヨロシ。
→いいえ
救助伝道師ホイ「そうアルか・・・。

異国の風来人「こっから先が
こばみ谷の入口だ。
異国の風来人「とりあえず地形を4つ こえれば
村がある。
異国の風来人「そこまで行けば かじ屋や店が
あるから便利だぜ。
異国の風来人「気をつけて行くんだな。兄弟。
旅の神クロンの追い風を!

シキタリのムグラ「人と すれちがいたい時の
やり方を知っているかい?
→はい
シキタリのムグラ「知っているなら いいんだ。
→いいえ
シキタリのムグラ「アイサツなしに
どいてくれってのは
やっぱり失礼だよな。
シキタリのムグラ「風来人には風来人の
『ごめんなすってぇ』
ていうアイサツのきり方が あるものよ。
シキタリのムグラ「で その時のやり方はこうだ。
右手でBを押しながら
左手で十字キーを人の方向にむける。
シキタリのムグラ「これで 風来人の
仁義(じんぎ)は通せるはずだ。
どいてくれない人も多いがな・・・
シキタリのムグラ「練習するなら
おれで ためしてみてくれ
いつでも つきあうぜ。

山師「お前 天馬峠を こえられたか?
旅人「だめだ。
渓流を ぬけるまでが せいいっぱいだ。
旅人「ちきしょう 旅仲間でもいれば
ラクになるんだがな。

風来人「こばみ谷は 不思議な
変則地形「へんそくちけい)。
風来人「とちゅうで ちからつきると
よそ者は すべて この渓谷の宿場に
もどされるんだ。
風来人「金も道具も なくなって
レベルも 一から出直しだ・・・・・・。
そりゃあ きびしい道のりよ。
風来人「そして 太陽の大地に到達した者は
まだ誰もいない。
あそこには いったい何が ・・・・・・。

遺跡荒らし「黄金のコンドルの
すむところ 黄金郷あり!
遺跡荒らし「ヒック・・・・・・ わしゃ 信じてるぞ!
こばみ谷に伝わる 黄金のコンドルの伝説を!

酒場の娘「きゃッ いい男!
・・・・・・ご ごめんね。
酒場の娘「だってほら ここって
むさい男ばかりでしょ?
エッチなおやじも多くてネ。
酒場の娘「だから あんたみたいな
若い人が来ると 私うれしいの。
よろしくね。

酒場の娘「おとうさんに言えば
食料を分けてもらえるわよ。

こそどろ「旅のとちゅうで 店屋が あってさ
けっこう いい品物が置いてあるんだ。
こそどろ「で ちょっくら盗もうとしたんだけど
そこの店主が めっぽう強くてよぉ。
こそどろ「しまいにゃ 盗賊番とか番犬とか
もっと強いヤツラが
ゴロゴロきやがってよぉ・・・・・・
こそどろ「あいつらとは まともに
やりあわない方がいいぜ。

盗賊人「泥棒なんざ 頭よ 頭。
ちょっと考えれば
かんたんに盗めるわな。

壷じいさん「わしは 壷ひとすじ
60年の 老いぼれじゃ。
なにか 聞きたいことはあるか?
→入れて使う壷について
壷じいさん「これは 道具を入れて
使う壷のことじゃ。
壷じいさん「入れた道具は 壷の中で
じゅくせいされ 何かしらの変化が起こる。
壷じいさん「『識別の壷』だったら
わからない道具が識別され・・・・・・
壷じいさん「『変化の壷』であれば
別の道具に変化する。
壷じいさん「中身を取り出したい時は
壷を壁に投げて割れば よし!
→押して使う壷について
壷じいさん「押して使う壷は
中をのぞいてみると『背中』が
いっぱい入っているはずしゃ。
壷じいさん「何者の背中かは わからんが
とにかく 押してみれば 何かが
起こるはずじゃ。
→保存の壷について
壷じいさん「これは 道具を
出し入れできる壷じゃ。
壷じいさん「しかも 入れながらにして
道具を使うこともできる。
壷じいさん「とくに道具が持ちきれない時
この『保存の壷』があれば とても便利じゃ。
→壷のまとめ出し入れについて
壷じいさん「壷に道具を 出し入れ
するときは まとめてやると
ベンリじゃぞ。
壷じいさん「まとめて 道具を
選ぶにはRを 押せば よい。
→やめておく
壷じいさん「壷のことだったら
いつでも聞いてくれ。

料理人「モンスターの肉を食べれば
そのモンスターに変身できるらしいぜ。
料理人「自分の強さはそのままで しかも
モンスターの『特技』が使えるように
なるって言うじゃないか。
料理人「『特技』を使う時は
Xでメニューを開いて選択してもいいが
Lで直接使えるって話だぜ。

酒場の店主「よォ 新入りかい。名前は?
→名前を言う
酒場の店主「そうかい
×××って いうのかい。
で そっちのイタチがコッパかい。
酒場の店主「まっ こばみ谷の旅は
ナンギだから ふたりとも
最初からムリするんじゃないぜ。
酒場の店主「ほらよ 食料だ。持っていきな。
※×××は 大きいおにぎりを もらった
→言わない

酒場の店主「お金?・・・・・・いらんよ。
気づかわなくていいって。
酒場の店主「ほかの風来人にも
タダであげてるんだから。

老婆「おや 新顔じゃな・・・
老婆「まあ その身なりからして どうせあんたも
『太陽の大地』で 一山当てようと
もくろんでるんじゃろ?
老婆「この宿場にくる風来人は
そんなやつばっかりじゃ!
老婆「もっとも 風来人が いるおかげで
この宿場も 成り立っておるがのう。

老婆「この宿場は風来人だらけで
わしゃもう うんざりじゃ。

とまり客「あんた 新入りだな。
だったら旅立つ前に 酒場のおやじの
ところによりな。
とまり客「食料を用意してくれるぜ。

地変学者フェイ「そこのアナタ。
ちょっと ここ 入ってみるヨロシ。
地変学者フェイ「ワタシ 不思議のダンジョンを
研究するため はるばる海を こえて
こばみ谷まできたアル。
地変学者フェイ「宿場の人達 みな
やさしいアルね。
地変学者フェイ「ワケを話したら こころよく
ここを かしてくれたアル。
地変学者フェイ「しかも こんなステキな
かざり付けまでしてくれて
カンシャ カンゲキ アメ アラレ。
地変学者フェイ「ダンジョンに入ると
持ち物が全部 消えてしまうアル。
地変学者フェイ「入るんだったら 持ち物を
倉庫に置いてからにするヨロシ。
地変学者フェイ「あと あきらめて外に出たい時は
『中断』で『あきらめる』を選べば いいアルよ。
さあ ここに入るアルか?
→はい
→いいえ
地変学者フェイ「残念アルね。
まあ 気がむいたら
いつでもくるヨロシ。

地変学者フェイ「お きたアルな。
地変学者フェイ「持ち物は 全部消えて
しまうから注意するアル。あと 外に出たい時は
『中断』で『あきらめる』を 選ぶヨロシ。
地変学者フェイ「準備は いいアルか?
→はい
→いいえ
地変学者フェイ「残念アルね。
まあ 気がむいたら
いつでもくるヨロシ。

流浪のシジマ「リーバ八獣神のひとつ
旅の神クロン。
流浪のシジマ「おれたち風来人は この
旅の神クロンの 風の中で 生きている。
流浪のシジマ「おれたちが 同じ場所に
長くとどまると 突風がふき
渓谷の宿場に 戻されるが・・・
流浪のシジマ「あれは クロンが風来人に
あたえた『旅日のさだめ』じゃないかと
おれは思っているんだ。

ソダテのカンジ「おれは むやみに
テーブルマウンテンに つっこんでは
ちからつきていく連中とは ワケがちがう。
ソダテのカンジ「見ろ! このカタナ+15の
かがやきを!
ソダテノカンジ「『かじ屋で きたえては
倉庫に あずける』
ソダテのカンジ「このくりかえしで おれはカタナを
ここまで きたえあげたんだ。
ソダテのカンジ「フッ 最後に笑うのは
このおれだぜ!

よっぱらいのタゲ「グヘヘヘヘ・・・・・・
おめえさん いい体してるじゃねえか。
よっぱらいのタゲ「あんたなら 素質ありそうだ。
いいこと おしえてやるぜ。
よっぱらいのタゲ「『矢』は 装備して
左手で えぐるようにLを
うつべし! うつべし!!
よっぱらいのタゲ「うつべしぃぃーーーーーーーっ!!!