ZAPAnet総合情報局 > マザー3攻略 > テキスト・4章

4章

◆あの ぬけあな べんりなんだけど
 とおるたびに どろだらけに
 なっちゃうんだよ。
◆それに ナメクジの
 べたーっとしたものも くっつくし。
◆シャワーあびてるから
 そこらへんで くつろいでて。
◆どーいうわけか こんな ごうかな
 へやを あたえられてるんだ。
◆ふたりとも
 シャワーを あびろよ。
◆おんせんも あるぜ。
◆はなしは それからでも
 おそくない。
   はい   いいえ
◆つかれてるし よごれてるだろ?
◆シャワーを あびると
 すっきりするよ。
   はい   いいえ
◆いそぐきもちは わかるけど
 あなたたち くさいわよ。
◆いいから シャワーをあびなさい。
   はい   いいえ
◆ワンちゃんは どう?
◆シャンプーしてあげよっか。
   ワン!  ワン?
◆いいから シャワーをあびろ!!
 シャワーを浴びた後
 3人は 3年間の空白を
 埋めあわせるかのように
 長い時間 話しあった。
 助けた サルのこと。
 オソヘ城で 手に入れた
 ハミングバードのタマゴは
 いまだに
 行方が わからないこと。
 DCMCのメンバーに
 記憶を失ったままの
 [ダスター]が いるらしいこと。
 そして タツマイリの村を
 すっかり様変わりさせてしまった
 怪しい軍団のこと・・・。
 バラバラに散乱した
 ジグソーパズルを 集めるように
 彼らは 知っていることを
 話し 考えをつなげていった。
 この先の戦いは
 決して 楽なものではない。
 そのことだけは すでに
 よくわかっていた。
 強くなりたい・・・。
 [リュカ]は このごろ 本気で
 そう思うようになっている。
◆・・・というわけで
 やっと ここに もぐりこんだところさ。
◆でも [ダスター]の
 きおくが もどらないかぎり
 ハミングバードのタマゴの
 ゆくえは わからないまんま。
◆このままだと いつ
 ブタどものてに わたってしまうか
 わからねーってわけだ。
◆[リュカ]。
◆[ダスター]にあって
 はなしを してみてくれ。
◆おまえたちに あえば なにか
 おもいだしてくれる かもしれない。
◆そとには みはりがたってる。
◆あんなやつら てきじゃないんだが
 いまは ことを おおきくしたくない。
◆ここの はしごから
 やねうらを とおっていけば
 [ダスター]のへやまで いける。
◆とおまわりだけど
 そのほうが かくじつだ。
◆オレは DCMCの
 メンバーを あつめておくよ。
◆やつらにも じじょうを
 せつめいして やらないと。
◆じゃあ またあとでな!

4章 やねうらのネズミ

◆チュー? 
(なんね。 
 タカシね? 
 いままで どこで 
 なんば しょったとね? 
 ぼんも しょーがつも 
 いっちょん かえってこーじー 
 じーちゃんも ばーちゃんも 
 たいちゃー さびっしゃー 
 しとったたい。 
 どがんね? 
 はら へっとらっしゃっじゃろ? 
 このみパンば やっけんね) 
◆チュッチュッチュー。 
 (あさんなー たまにゃ 
 かおば みせにこんばでけんぼ) 
◆チューチュチュチュ? 
 (おりよー。 
 タカシっしゃんな 
 かえって きんしゃったとね? 
 また こづかいば 
 ねだりに きたとじゃろーか? 
 よかよか。 
 ばーちゃんの もっとったっちゃ 
 つかいみちの なかけん。 
 じーちゃんにゃー ないしょに 
 しとかんば でけんよ) 
◆チューチュチュ。 
 (いつかえって くっじゃろか 
 ちゆーて 
 たいちゃー まっとったたい)
◆チューチュー。 
 (おりょー。 
 そのよに もっとったっちゃ 
 もちきれん やろーだ? 
 まっとっけん おいてきんしゃい) 
◆チュー。 
 (ありゃー。 
 もう もちきれんごたーね。 
 よかたー。 
 また きんしゃい) 
◆チューチュチュチュ。 
 チューチュチュチュ。 
 (ばーちゃんたちが ここに 
 おっけんちゅーて 
 だいにでん おしゆっぎ でけんぼ。 
 ばーちゃんたちゃ まーだ 
 なーご いきとかんばでけんけんね。 
 よーしとかんば。 
 よーしとかんば。 
 よかね) 
◆チュー? 
 (ねぇ じーちゃん) 
◆チューチュチュチュ。 
 チューチュチュチュ。 
  (ほんなこと。 
 ばーちゃんの ゆーとおりばい。 
 じーちゃんたちが ここに 
 おっちゅーことが 
 だいかに しるっぎんた 
 おいどんのごたー としよいは 
 しゃーいでんなか。 
 さんげんどないの やましたさんがたも 
 そがんして 
 すっぱい けされてしもーたけん。 
 よーしとかんば。 
 よーしとかんば。 
 よかね) 
◆チュー? 
 (ねぇ ばーちゃん) 

やねうらのネズミ・訳

◆チュー? 
 (なんだ。 
 タカシね? 
 いままで どこで 
 なにを してたの? 
 ぼんも しょーがつも 
 ぜんぜん かえってこなくて 
 じーちゃんも ばーちゃんも 
 とても さびしく 
 思ってたんだよ。 
 どう? 
 おなか へってるんでしょ? 
 このみパンを あげるからね) 
◆チュッチュッチュー。 
 (おまえは たまには 
 かおを みせにこないといけないよ) 
◆チューチュチュチュ? 
 (あらー。 
 タカシか。 
 かえって きたんだ? 
 また こづかいを 
 ねだりに きたんでしょ? 
 いいよいいよ。 
 ばーちゃんが もってても 
 つかいみちが ないから。 
 じーちゃんには ないしょに 
 しておかないと いけないよ) 
◆チューチュチュ。 
 (いつかえって くるだろうか 
 といって 
 とっても まってたんだよ)
◆チューチュー。 
 (あら。 
 そんなに もってても 
 もちきれない でしょ? 
 まってるから おいておいで) 
◆チュー。 
 (ありゃー。 
 もう もてないみたいだね。 
 いいや。 
 また おいで) 
◆チューチュチュチュ。 
 チューチュチュチュ。 
 (ばーちゃんたちが ここに 
 いるからといって 
 だれにでも おしえたら だめだよ。 
 ばーちゃんたちは まだ 
 ながく いきないといけないからね。 
 だまってないとだめだよ。 
 だまってないとだめだよ。 
 いいね?) 
 ◆チュー? 
 (ねぇ じーちゃん) 
◆チューチュチュチュ。 
 チューチュチュチュ。
 (ほんとに。 
 ばーちゃんの いうとおりだよ。 
 じーちゃんたちが ここに 
 いるということが 
 だれかに しれたら 
 おれたちのような としよりは 
 どうしようもない。 
 さんげんとなりの やましたさんのうちも 
 そうやって 
 すっかり けされてしまったから。 
 だまってないとだめだよ。 
 だまってないとだめだよ。 
 いいね。) 
◆チュー? 
 (ねぇ ばーちゃん)

4章 ラスト

ボンボヤージュ・アミーゴ
これから 旅立つともだちに
天にいる 誰かさんよ
どうぞ おくりものをやってくれ
あいつと おれたちは 笑いながら
ろくでもない時間を すごした
だけど 天にいる 誰かさんよ
その ろくでもない時間や
どうしょうもない笑顔が
おれたちも あいつも 大好物だったのさ
ボンボヤージュ ボンボヤージュ アミーゴ