ZAPAnet総合情報局 > マザー3攻略 > テキスト・本編

テキスト集

本編

OP

Welcome to
MOTHER3 world
ノーウェア島
タツマイリ村
テリの森を超えた先
[ヒナワ]の父 アレックの家

1章-ヒナワの手紙

 [フリント]へ。
 あなたが いったとおり
 子どもたちは こちらへ来てから
 ずっと つかれしらずで
 野山を 走り回っています。
 あいかわらず
 [クラウス]は げんきすぎて
 あぶなっかしいし
 [リュカ]は まだ
 ちょっと あまえんぼうでしたよ。
 でも 二人とも まだまだ
 遊びたりないようです。
 父も 久しぶりに会えた 孫たちと
 別れるのは さみしいみたいだけど
 きょうの 夕方までには
 帰ることにしました。
 久しぶりの 山の空気は
 とても きれいで
 気持ちいいの。
 いつも タツマイリの村で
 羊の匂いにまみれている あなたに
 この空気を吸わせたかったな。
 今度くるときは
 羊たちの世話を
 ご近所さんにおねがいして
 家族みんなで 来ましょうね。
 [クラウス]も [リュカ]も
 わたしも
 あなたのこと いつも
 思い出していたんですよ。
 夕方 うちにかえったら
 さっそく うでによりをかけて
 おいしい[すきなたべもの]を
 つくるわね。
 あなたと 子どもたちの
 [ヒナワ]より

1章-ブタじるしノート

◇[フリント]は ブタじるしノートを
 てにとって よんでみた。
◇ヘタなじで こうかいてある。
 もう このへんのいきものは
 ぜんぜんダメ。
 もっと かっこよくしてやらなきゃ。
 テーマは
 ・もっと つよく!
 ・もっと わるく!
 ・もっと らんぼうに!
 アレとアレをくっつけて
 みたこともないアレをつくるんだ。
 なづけるならば
 みわくのキマイラけいかく。
 じみちにコツコツと
 かいぞうしてやろう。

1章

 タツマイリ村の人々は
 これまで・・・
 悲しみというものを
 知らずにいたのかもしれない。
 晴れた日にも 曇った日にも
 笑顔であいさつを かわしていた。
 森のなかの いきものは
 みんな仲がよかった。
 強いものは 弱いものを助け
 足りないものは 分け合いながら
 生きてきたのだった。
 しかし
 いまでは
 悲しみのすべてを
 知らされているようだった。
 あらゆるものごとが
 悪いほうへ 悪いほうへ と
 変化している・・・。
 いつから? どこから?
 なにが? なぜ?
 変わってしまったのだろうか。
 動物たちは 不気味な玩具のように
 その姿を変えられてしまい
 人間たちに
 おそいかかるようになった。
 [フリント]たち家族のように
 たがいの きずなを
 断ち切られてしまったものもいた。
 ブタの仮面をかぶった
 怪しい集団の正体は?
 あの美しかった空を 横切る
 気味の悪い飛行物体は 何なのか?
 そして 行方の知れぬ
 [クラウス]は どこにいるのか・・・。
 謎は 沸き上るばかりだった。
 物語は まずは 悲劇として
 ・・・はじまった。

2章

 森の 動物たちの姿を
 玩具のように いじくりまわした
 怪しい集団が
 いよいよ
 人間たちの 町や 暮らしや
 こころまでをも
 変えようと 画策をはじめた。
 怪しい行商人の行動の 背後には
 なにか さらに大きな
 意思がかくされてありそうだ。
 だが
 敵の あらゆる角度からの
 汚いこうげきに対して
 そのまま
 手をこまねいている者ばかりでは
 なかった。
 家族のきずなを
 ずたずたにされた[フリント]。
「正義のドロボー」・・・
 ウエスと[ダスター]の親子。
 突然登場した謎の美少女
 ・・・[クマトラ]姫。
 運命は 正しく力を使う者たちを
 互いに 結びつけようとしている。
 弱虫だった[リュカ]は・・・はたして
 いまは?

3章

 タツマイリの村は
 新しくやってきた行商人の
 思惑どおりに
 変化しつつある。
 かつてあった よきものが
 ぽろぽろと こぼれだして
 捨てられていくことに
 気づいている村人は
 ごく少数だった。
 にぎわいは ましていくのだけれど
 不気味な闇も それにつれて
 深くなっていくようだった。
 だが その闇の中から
 弱々しい少年が
 たくましく育とうとしていた。
 [リュカ]が いま
 悲しみの物語を 明るい色に
 塗りかえようとしている。
 闇が深ければ 深いほど
 夜明けの 太陽は
 まぶしいほどに 明るい。
 あまえんぼうだった[リュカ]は
 いま
 若き太陽に なろうとしている。

5章

 土くれから 造られた動く人形。
 自由にカミナリを 落とす塔。
 はりめぐらされたハイウエイ。
 空飛ぶ 船。
 [リュカ]たちが
 立ち向かわねばならぬ 敵は
 あまりにも 巨大に成長している。
 この 邪悪で強力な 敵に対して
 果たして 勝ち目はあるのか?
 いや。
 常識で考えては いけない。
 万に一つしか
 勝てる可能性がないとしても
 そのことは
 万に一つは 逆転のチャンスが
 ある ということだ。
 [リュカ]
 [クマトラ]
 [ダスター]の 三人は
 再び 離れてしまうのだろうか。
 それとも あらためて力を合わせて
 困難に立ち向かえるのか?
 空飛ぶ船から [リュカ]たちを
 見下ろしていた
 仮面の男の
 幼さを残した 横顔は・・・?
 物語は これまで以上の
 はげしい戦いを 予感させたまま
 次の章へと 動き出している。