ZAPAnet総合情報局 > マザー3攻略 > 没・開発中のテキスト

没になったメモ機能のテキスト

ダッシュ

◆フィールドがめんで
 Bボタンを しばらくおしつづけ
 キャラクターが しゃがんだら
 Bボタンから ゆびをはなすと
 ふだんの 2ばいのはやさで
 いどうすることが できる。
◆パーティーがいるときは
 パーティーぜんいんが しゃがむのを
 まってから ボタンをはなすこと。
◆ダッシュいどうちゅうは
 じゅうじボタンを
 おさなくても ずっと おなじほうこうに
 はしりつづける。
◆はしる ほうこうを かえたいときは
 いきたいほうこうに
 じゅうじボタンを。

たいあたり

◆ダッシュをしたまま いろいろなものに
 たいあたりしてみると
◆なにかが おきるかもしれない。
◆てきに たいあたりしたばあい
◆[キャラ]が てきよりも
 つよければ いちじてきに
 きぜつさせることが できる。
◆ただし てきよりよわいばあいは
 つうじょうのバトルに とつにゅう。
◆もしも [キャラ]が
 てきと くらべものにならないくらい
 つよいばあいは たいあたりだけで
 いっしゅんで たおすことができる。

おしてみる

◆ぐいぐいと おしたくなるようなものが
 よのなかには ときどきある。
◆おしたくなったものに たいして
 じゅうじボタンを おしっぱなしにすれば
 もしかしたら うごくかもしれない。

あずかりや

◆よぶんなアイテムを
 あずかってくれますのだ。
 テントには かいふくしてくれる
 おじさんも すんでますのだ。
 みていですのだ。

セーブカエル

◆フィールドにいる みどりのカエルは
 ぼうけんを きろくしてくれる
 とてもしんせつな いきものだ。

おしゃべりなかぜ

◆おしゃべりだからと いやがらず
 かぜのウワサにも みみをかたむけよう。
◆ぼうけんにやくだつ だいじなヒントが
 かくされていることもある。

ステータス

◆ステータスがめんでは
 [キャラ]の
 じょうたい・グッズ・そうび
 などを みることができる。
◆また パーティーが いるばあいは
 LRボタンをおすことで
 いま いっしょに
 こうどうしている なかまの
 じょうたい・グッズ・そうび
 なども みることができる。

だいじなもの

◆じゅうような グッズは
 このなかに はいっている。
◆まちがえて うってしまったり
 うっかり すててしまうことが
 できないように なっている。
◆じまんの しんせつせっけいなのだ。

メモ

◆いま よんでいるもの。
◆いきていくうえでの ヒントや
 いままで けいけんしたことなどが
 じどうてきに かきこまれていく。
◆たまには チェックしてみよう。
 いがいなはっけんが あるかもしれない。

スリープ

◆ぼうけんを ちゅうだんしたいのに
 ちかくに セーブできるばしょが
 みつからない・・・
◆そういうときは このスリープが
 べんりである。
◆スリープに はいるには
 STARTボタンを おしてから
 いちばんみぎにあるアイコン
 SLEEPを せんたくすればOK。
◆ゲームを さいかいするときは
 SELECT Lボタン Rボタン
 をおす。

きのはこ

◆フィールドでみかける きのはこに
 はいっているものは
 だれもがじゆうに つかってよい。
◆それが このせかいの ルールだ。

ちず

◆フィールドがめんで Rボタンをおすと
 しゅうへんの ちずを
 みることができる。

めやすばこ

◆このせかいの じゅうにんの
 ごいけん ごきぼう ごふまんなどが
 とうしょされている。
◆どこが うんえいしているのかは
 まったくの なぞである。

グッズ

◆もっている グッズを
 かくにんすることが できる。
◆グッズは 20しゅるい まで
 もつことが かのうだ。

そうび

◆ぶきや ぼうぐになる グッズは
 もってるだけではなく みにつけないと
 こうかを はっきしない。
◆あたらしいグッズを てにいれたら
 そうびするべきものか どうか
 かくにんすることを こころがけよう。

オフェンス

◆オフェンスのうりょくが たかいほど
 てきにたいして おおくのダメージを
 あたえることが できる。 
◆オフェンスは 「OFE」と
 あらわされることもある。

ディフェンス

◆ディフェンスのうりょくが たかいほど
 てきからうける ダメージを
 すくなくすることが できる。
◆ディフェンスは 「DEF」と
 あらわされることもある。

ドラゴのキバ

 ◆[ヒナワ]のむねに
 つきささっていた ドラゴのキバ。
◆どんなものよりも きょうりょくな
 ぶきになるが・・・。

おしゃべりすずめ

◆おしゃべりなすずめ。
◆いきていくための ちえや よのなかの
 いろんなことを とびまわって
 みたり きいたりしたことを
 おしえてくれる。
◆たいどがでかいのが たまにきず。

かしこさ

◆かしこさは 「IQ」と
 あらわされることもある。
◆もしも PSIを つかうひとであれば
 かしこければ かしこいほど
 PSIのこうかが つよくなる。

スピード

◆スピードが アップすることで
 てきよりさきに こうどうすることが
 できるようになる。
◆スピードは 「SPD」と
 あらわされることもある。

バトル

◆フィールドを いどうちゅうに
 てきに せっしょくすると
 バトルに なる。
◆こうげきしたいときは 「アタック」を。
 まもりたいときは 「ガード」を。
 あいてによっては
 「PSI」や「グッズ」も こうかてき。
◆あぶないと おもったときは
 「エスケープ」を つかおう。
◆たまには ひくことも だいじなのだ。
◆もしも うんがよければ
 テニスの スマッシュのように
 とても こうかてきな いちげきが
 バシッと きまることもある。

ドラゴ

◆もりにすむ そうしょくどうぶつ。
◆せいかくはおだやかで ひとなつっこい。
◆[リュカ]や [クラウス]は
 ちいさいころから もりのなかで。
 ドラゴたちと よくあそんでいた。

ブタマスク

◆ブタのようなマスクを かぶった
 あやしいしゅうだん。
◆なにか よくないことを
 たくらんでいるようだ。

カベホチ

◆[ダスター]だけが
 ある とくていのかべに
 このカベホチを
 うちつけていくことが できる。
◆カベホチで あしばをつくることで
 ふかのうと おもわれていた かべを
 みんなが のぼれるようになる。
◆いちど せっちした カベホチは
 なんねんたっても そのままのこる。

ポークソーサー

◆ブタマスクが のってきた
 そらをとぶ マヌケなのりもの。
◆これを ポークソーサーと
 よぶことにしよう。

マジプシー

◆よをすてて ふかいもりにかくれすむ
 まほうつかいの そうしょう。
◆あるいみ じょせいよりも
 じょせいらしい おとこたちだ。
◆テーブルチャージや しめいりょうを
 とられるしんぱいは ごむよう。

みちびきトカゲ

◆やじるしの かたちをしている
 ちょっとかわった トカゲ。
◆みちに まよったとき
 もくてきちを おもいうかべると
 なぜか そのほうこうを
 むいてくれる。
◆タツマイリでは むかしから
 ちょうほうされていた。
◆てんねんきねんぶつなので
 いじめては いけません!

おんせん

◆たたかいに つかれたときや
 からだがしびれて こまったとき
 どくで からだがよわってきたとき
 やっぱり おんせんにはいるのが
 いちばん。
◆みんなが きをうしなって
 たおれてしまったあと きがついたら
 おんせんにいることも しばしば。
◆こころやさしいだれかが おんせんに
 はこんできてくれるのだろうか?
◆きいてはいけないことも
 あるようです。

マジックバタフライ

◆ふしぎなパワーをひめた ちょうちょ。
◆そのはねに そっとふれることで
 ふしぎと きぶんがいやされ
 きりょくが よみがえる。

オソヘじょう

◆いつたてられたのか だれもしらない
 なぞだらけの ふるいおしろ。
◆むかし ウエスが このしろに
 つかえていたらしい。

プレゼントばこ

◆たんじょうびじゃないし
 クリスマスでもないのに・・・
 なんて なやむひつようはなし。
◆ぼうけんの ごほうびだとおもって
 すなおに よろこぼう。
◆ただし ときどき
 プレゼントのふりをした・・・

ヒモヘビ

◆ペットとしても かわいいが
 ロープのように ふるまうので
 ぼうけんのやくにたつ。

オソヘのオバケ

◆かれらは オソヘじょうで
 まいばんのように
 かなしげなパーティで おおもりあがり。
◆できれば そっとしておいてやろう。

やさしさ

◆わたしたち にんげんにとって
 たいせつなものの ひとつ
◆ひとに やさしくしよう
◆「やさしさ」が アップすれば
 きっと いいことがあるはずだ。

バトルのひみつ

◆バトルのとき おんがくにあわせて
 ボタンを リズミカルにおすと?
◆この きもちよさは
 クセになってしまいそう。

けだかいタンツボ

◆いかにも ゆいしょただしそうだが
 あくまでも タンツボ。
◆そもそもタンツボとは なんなのか・・・
◆せつめいは ひかえたい。

PSI

◆PSIは たいりょくのかいふくや
 いどうのサポートをしてくれる
 ふしぎで べんりなちから。
◆PSIをつかうと PPがへる。

ホウキのおばけ

◆ホウキのオバケは しごとねっしん。
◆ごみだろうが にんげんだろうが
 とにかく サッサカサッサカと
 ホウキではきだされて しまう。

ひかりのたまご

◆ウエスがもとめていた おたからとは
 じつは これのことだった。
◆べつめい「ハミングバードのたまご」だ。

ポークビーン

◆ブタマスクが
 ちじょうで りようする のりもの。
◆あるきの やく4ばいのスピードで
 いどうすることができる。

エナジーマシーン

◆ブタのマスクをかぶったやつらが
 きゅうけい するときに
 これをつかっているようだ。
◆マシンのなかに はいると
 ふしぎなエナジーにより
 たちどころに げんきいっぱいになる。

しあわせのハコ

◆へやのかたすみに おいておくだけで
 しあわせになるといわれる
 とっても あやしげなハコ。
◆ヨクバの めいれいで
 [サルサ]が
 くばらなければ いけない。

じどうはんばいき

◆おかねをいれると なんと
 しなものをかうことが できる。
◆それどころか いらないものを
 かいとってくれたりもする。
◆なかに にんげんがはいっている
 というわけでも ないらしい。

おかね

◆ヨクバが タツマイリにきてから
 どんぐりに かわるものとして
 これが つかわれている。
◆まるくて ピカピカしている。
◆どんぐりと ちがって
 もりをさがしても みつからない。

ネンドじんたち

◆ねんどしつの つちくれから
 たいりょうせいさんされる。
◆ブタマスクたちにとっては きちょうな
 もんくをいわない ろうどうりょく。
◆ひかりのない うみのそこのような
 かなしげなめを している。

クラブチチブー

◆おもてむきは 
 コーバで はたらくひとびとの
 ごらくのための しせつだが・・・
◆いろいろと うらが ありそうだ。

ジャンケス

◆ギー・チャキ・ペーで しょうぶする。
◆おあいこのばあいは もういちど。
◆DCMCのタメキチこと
 [ダスター]を
 チチブーからつれだす じょうけんが
 ジャンケスの 5にんぬきだった。
◆きびしい しょうぶだったが
 5にんめ DCMCのリーダーにも
 なんとか かつことができた。

じゅうでんき

◆ポークビーンは どうやら
 「でんき」と いうもので
 うごいてるらしい。
◆ポークビーンを はしらせると
 でんきを しょうひするので
 このじゅうでんきで たっぷりと
 でんきを いれてあげよう。
◆ぶっちゃけ このゲームボーイと
 おなじってことだ。

ポーキー

◆20せいきの おしりのころ
 イーグルランドの オネットのまちで
 うまれそだった ふとっちょのワルガキ。
◆やがて ワルガキのイタズラとは
 とても いえないような
 けたはずれの わるだくみを
 つぎからつぎへと かんがえては
 じっこうにうつしていった。
◆かれのことを もっとくわしく
 しってみたいひとは・・・
◆えー これは けっして
 せんでん というわけではなく・・・
◆あくまでも
 ぼうけんのための メモであって・・・
◆ごかいをおそれずに
 いわせていただくと・・・
◆いわゆる「マザー2」とかいうものを
 プレイしてみると いいぞ。

ヒーラー

◆あずかりやさんの テントで
 いっしょに せいかつしている
 おじさん。
◆からだのちょうしがおかしいときは
 おじさんの ミラクルいっぱつで
 きぶんそうかい。

ブタマスクぐん

◆キングとよばれる じんぶつが
 ひきいてる ぐんたいらしい。
◆もりに ひをつけたり
 どうぶつを かいぞうしたり
 わるさばっかりする
 とんでもない やつら。
◆みつけたら 110ばん!

かめんのおとこ

◆かれが いったい だれなのか?
◆かめんのおとこは なにもいわない。

ななつのはり

◆はりを すべてぬいてしまったら
 いったい なにがおこるのだろうか?
◆すでに サイは なげられたのだ。
◆すすむしかないべ。

ノーウェアとう

◆にわかには しんじがたい・・・
◆このしまの ちちゅうふかく
 きょだいなドラゴンが ねむるという。
◆あの あいすべき
 もりのドラゴではなく
◆あの あわれむべき
 かいぞうドラゴでもない。
◆でんせつのぬし 「ドラゴン」だという。

オケラ

◆いきているんだ ともだちなんだ。

やみのドラゴン

◆やみのドラゴンが めざめたとき
 せかいは ほろびるらしい・・・
◆ほんとうに このまま はりを
 ぬきつづけて いいのだろうか?

どせいさん

◆どせいさん?
◆どせいさん・・・
◆どせいさん!

ひかりのとり

◆やみのドラゴンの
 それは たいきょくにある。
◆「やみ」と「ひかり」
 「ぜつぼう」と「きぼう」
 「はかい」と「さいせい」
そういうことだ。

(空き)

まほうせいぶつ

◆マジプシーが つくりだした
 まほうの にんぎょう。

チュピチュピョイ

◆オリシモのやまの はるか
 おくふかく・・・
 この いいにくいなまえをもつ
 しんでんが あるということは
 タツマイリのひとでさえ しらない

どせいだに

◆ハイウェイの はるかひがしには
 どせいさんという いきものが
 すんでいるらしいことを
 キマイラけんきゅうじょの ひとが
 おしえてくれた。
・こんな こえて゛しゃへ゛る
 らしいのた゛。

オケラあな

◆まがりかどで かならず
 まがれば いいケラ。
◆オケラが そうおしえてくれた。

リダのこと

◆すべてを しっているのは
 このろうじん だけかもしれない
◆いま はたして どこにいるのか?
◆それをしっているのも
 ひにくなことに かれじしんだけ。
 

クーポンこうかん

◆バトルで てきをたおしたら
 てきが クーポンをおとしたとしよう。
◆きみなら それをどうする?
◆ほんの しおりにでもするかい?
◆それも すてきな つかいかただ。
◆でも クーポンは かんきんじょに
 もっていくと・・・
◆な な な なんと おかねに
 かんきんして くれるんだ。
◆おみせによって かんきんの
 わりあいが ちがうから
 よくかんがえて こうかん
 してもらおう。
◆いちどで かんきんしてもらえる
 おかねは 100000ポークンまで。

どく

◆もしも バトルのさいちゅうなどに
 [どく]のマークが ひょうじされていたら
 どくに おかされている しるし。
◆あるいていると ドンドンHPが
 へってしまう。
◆どくを なおすには けっせいが
 ひつようだ。

しびれ

◆もしも バトルのさいちゅうなどに
 [しびれ]のマークが ひょうじされていたら
 からだが しびれているという しるし。
◆しびれてしまうと せんとうちゅう
 おもいどおりに こうどうできなくなる。
◆しびれには しびれとりが
 こうかてきだ。

ねむり

◆もしも バトルのさいちゅうに
 [ねむり]のマークが ひょうじされていたら
 ねむりこんでしまっている しるし。
◆せんとうちゅう ねむってしまうと
 なにも こうどうが できなくなる。
◆どんなに ねむいときでも
 めざましゼミが あれば いっぱつで
 シャキっと めがさめる。

はきけ

◆もしも バトルのさいちゅうなどに
 [はきけ]のマークが ひょうじされていたら
 はきけを もよおしている しるし。
◆しょくよくが なくなり
 なにも たべられなくなってしまう。
◆そんなときは すっきりハーブで
 しょくよくを かいふくだ。

へん

◆もしも バトルのさいちゅうなどに
 [へん]のマークが ひょうじされていたら
 へんなきもちになってる しるし。
◆まともにあるくこともできず
 せんとうちゅうも どんなこうどうを
 おこすか まったくわからない。
◆たいへん やっかいな しょうじょうだが
 ハリセンで いっぱつ あたまを
 たたけば スッキリと なおる。
 

どわすれ

◆もしも バトルのさいちゅうなどに
 [どわすれ]のマークが ひょうじされていたら
 どわすれしちゃってる しるし。
◆にんげん だれでも いちじてきに
 なにかを わすれることは あるはずだ。
◆PSIも れいがいでは ない。
◆なにかを わすれて しまったら
 オモイダスを つかってみよう。
◆きっと きおくを とりもどすはずだ。

なみだ

◆もしも バトルのさいちゅうに
 [なみだ]のマークが ひょうじされていたら
 なみだが とまらなくなってる しるし。
◆しかいが ぼやけてしまって
 こうげきが あたりにくくなる。
◆そんなときは めぐすりを させば
 ピタリと なみだがとまる。

ノミ

◆もしも バトルのさいちゅうなどに
 [ノミ]のマークが ひょうじされていたら
 からだに ノミがついてる しるし。
◆ノミに ちをすわれると かゆさのあまり
 れんぞくで こうげきが できなかったり
 PSIにしゅうちゅう できなかったりと
 とても こまったことになる。
◆そんなときは ノミとりスプレーで
 シューッと ノミたいじだ。
◆ウエスが かわやで かっている。

サイレンクワガタ

◆サイレント ではなく サイレンを
 けたたましく はっする クワガタだ。
◆このおとが にがてな せいぶつが
 いるかもしれない。

けむりだま

◆じめんになげつけると はれつして
 なかから けむりが でてくる。
◆えんまくによって てきのこうげきが
 あたりにくく なるかもしれない。

さいみんふりこ

◆これを ずーっとみていると
 なんだか とっても ねむくなる。
◆まちがっても じぶんで つかって
 みてしまわないように ちゅういしよう。

こわいおめん

◆このおめんを かぶってふりむけば
 どんなヤツでも びっくりして
 こうげきの てが ゆるむ。

くすぐりぼう

◆これのどこが どろぼうグッズなのか。
 それは ウエスしかしらない
◆このぼうで てきの ワキのしたを
 こちょこちょと くすぐれば
 かたいガードも しぜんと さがる。

はりのばしょ

◆はりは ぜんぶで7つ。
◆おへそのはりは オソヘじょうに。
◆しんぞうのはりは コーバのちかく
 ムラサキのもりに。
◆ひだりてのはりは はるか ほくとうの
 ゆきやまに。
◆みぎてのはりは ハイウェイの
 はるかひがし かざんのかこうに。
◆みぎあしのはりは タツマイリの
 みなみにある タネタネじまに。
◆ひだりあしのはりは オリシモやまの
 チュピチュピョイしんでんに。
◆そして さいごのはりは・・・
 いまのところ だれもしらないらしい。
◆ざんねん。

バトルのコツ

◆フィールドで てきの はいごに
 うまくまわりこむことが できれば
 がめんが みどりいろになる。
◆そのばあい バトルに はいったとき
 てきが せなかをむけているので
 こちらが ゆうりとなる。
◆もしも てきに はいごをとられると
 がめんが まっかになり
 あいての せんせいこうげきを
 ゆるしてしまうことになる。

クーポン

◆てきが たまにおとしたり
 はこに はいってたりする
 もじが いんさつされた かみきれ。
◆これを おみせにもっていくと
 ポークンと こうかんしてくれるという
 だじゃれのような ほんとのはなし。
◆このせかいに りゅうつうしている
 おかねの たんい。

ポークン

◆ポークンという なまえは
 ブタマスクたちを たばねる
 キングという おとこの なまえから
 とったという うわさ。