HOM/人物

TOP

聖剣伝説攻略の HOM/人物 を編集するページです。

人物一覧

No.名前説明
1ロジェ古き王国ペダンのビーストキングダム偵察部隊の一員。その家族や生い立ちに関しては一切不明。正義感があり、明るくさっぱりした正確だが時折暗く寂しげな表情を見せる。
2ユリエル世界の脅威となった古き王国ペダンと戦う元ペダン兵。頭脳明晰,冷静沈着なタイプで、ロジェを導く軍師的存在。いたってマイペースで何を考えているか分からない面もある。
3キュカ世界の脅威となった古き王国ペダンと戦う元ペダン兵。傭兵として各地を放浪していたが、今はペダン軍と戦う日々を送る。おおざっぱで適当な正確だが、やるべきことはしっかりやる。
4テケリ世界の脅威となった古き王国ペダンと戦う元ペダン兵。ペダンでも謎の多い幻惑のジャングルで生活する少数民族「森の人」の1人。両親とは死別しているが、元来の明るさでそれを感じさせない。幼いため、多少の世間ずれはあるが、根はしっかりとしたガンコ者。
5ジェレミア世界の脅威となった古き王国ペダンと戦う元ペダン兵。亡くなったペダン大臣の姪でもある。ダガーを使い、戦闘でその実力を発揮する。普段は無口だが、こと話が戦いに及ぶとその短気さが見え隠れする。味方にまで怒りが爆発することもしばしば。
6ガウザー獣人王国ビーストキングダムの王。獣人王と呼ばれる。民を思う気持ちは熱く国のことを一番に考えている良き王。一般的に獣人たちは人間をこころよく思っていないが、ガウザーはそれほど気にしていないようである。
7ジョスター
8アルマ空中城砦ローラント随一の女戦士。ひそかにジョスターを慕うが、ジョスターとミネルバの仲を知り、その想いをそっと胸にしまっている。
9ガルラ
10ミネルバ
11光の司祭
12ベルガー聖都ウェンデルの神官で、闇を司っている。困難にぶつかると、すべて自分のせいだと思いつめる性格。そのため、目の前の目的を達成するためであれば手段を選ばないという少々強引な面もある。
13ファルコン砂の要塞ナバールの元・部隊長。ペダン軍と手を組んで開戦したオウルビークスのやり方に不満を持ち、舞台を率いて離反した。ナバール本隊によって追いつめられるも、ロジェたちによって救われた。
14ラークボーン
15サンドアロー
16ホークアイ
17リチャード
18ロキフォルセナ軍、白銀の騎士団の団長。黄金の騎士と称えられ王国一の剣の使い手でもある。リチャード王子と非常に仲が良く、ともに戦場をかけめぐる戦友。しかし、自分の立場を考えない王子の行動には手を焼いている。
19ヴァルダ魔法王国アルテナの第一王女。将来アルテナを背負う立場にあるために自戒しているが、隣国フォルセナのリチャード王子に心ひかれている。王家の血を色濃く受け継いでいるため、凄まじい魔力を秘めている。しかし、まだうまく制御することが出来ない。
20アルテナ女王
21
22
23オウルビークス
24フレイムカーン
25セレスタンペダン軍の将校。快楽主義的でいい加減な性格だが、言い渡された職務は忠実にこなす。ユリエルとバジリオスとは旧知の仲。
26ユハニ
27
28バジリオス将軍ペダン王国の女将軍。代々将軍をつとめた家系に生まれ、幼い頃から軍人としての英才教育を受けてきた。そのため、若くして高い指揮能力とカリスマ性を備える。ユリエルとは浅からぬ因縁があるようだ。
29ペダン国王アナイスペダンの国王。自由奔放な性格で、戦争や人の死を無邪気に楽しんでいる様子でもある。ロジェとは昔からの知り合いのようだが……?
30
31
32サラマンダー
33
34
35
36ノーム
37ウィル・オ・ウィスプ
38
39
40ザン・ビエ