降魔霊符伝イヅナ攻略メモ

ニンテンドーDSにて6月8日発売の降魔霊符伝イヅナの攻略メモ。備忘録として自分なりにまとめて書いています。

フウカ戦後〜カゲン戦のセリフ

イヅナ)
ねぇ。
健康の神とか言うの。
どこに居るか知らない?

タクシキでもいいんだけど。

カツタケ)
タクシキ様は知らねぇな。
健康の神ってのは
火の神カゲン様の別名だ。

カゲン様なら
そこの炭鉱の奥から行ける
灼岩窟に居るって話だぜ。

イヅナ)
そっか。
ありがとね!


-灼岩窟へ-


カゲン)
誰だっ!

イヅナ)
アタシはイヅナ!
あなたが火の神カゲンね?!

カゲン)
そうだ。
オレに何の用だ!

イヅナ)
あなたがおじじ様を
病気にしてるんでしょ?!
酷いわ! 治しなさいよ!!

カゲン)
フンッ。
元はと言えば、そいつが禁域に
入ったせいだろう?

タクシキ様の怒りに触れて
生きてるだけでもありがたいと思え!

イヅナ)
禁域だなんて知らなかったのよ!
命まで取られる筋合いないわ!

カゲン)
・・・・・フン
まあ、そう言われれば
そう思えん事もないか・・・・・

なら願い通り
おじじとやらを治してやってもいい。

イヅナ)
ホント?!

カゲン)
ただし、
お前の大事なものと引き換えだ。

イヅナ)
えぇ〜っ!

カゲン)
その者の為に
大事なものを投げ出せるか?

イヅナ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イヅナ)
お金はやだし
これはシノ姉に貰った
ハンカチだからダメ・・・・・

和蘭眼鏡はおじじ様に貰った
レアものだからこれもやだし。

ミツモトならいらないけどな・・・・・
アタシのじゃないし・・・・・

カゲン)
決められないなら決めてやろう。
オレはお前の命を頂く!

カゲン)
代わりにおじじとやらは
助けてやるから、
安心してオレに食われろ!!


-カゲンと戦闘-


カゲン)
負けたーっ!!

イヅナ)
勝ったーっ!!

イヅナ)
さぁって!
アタシが勝ったんだから
タダで願いを叶えてよ!!

カゲン)
あ〜もうっ!
しょーがねぇなぁ!!

カゲン)
オレは思いやりの神でもある。
お前のおじじとやらに対する思いやり
しかと肌で感じたぜ!!

『火の珠を手に入れた』

イヅナ)
これで治るの?

カゲン)
をれを使えば
どんな奴でもたちどころに良くなる。

イヅナ)
そう言えば
あなたに治してもらうって
村に来てた人が居たな。

あの人達も
あなたの祟りのせい?

カゲン)
ああ、近隣の村まで
オレの力は届くからな。

別に祟った覚えはないが
影響を受けちまうんだろうよ。

そうすると
カミアリ村に足が向いちまう。
不思議なもんだぜ。

そいつらも可哀想だからな。
ついでに治してやってくれ!
じゃあな!

イヅナ)
えっ! ちょっと・・・・・!


-村に戻される-


イヅナ)
横着だなぁ・・・・・!

可哀想だなんて・・・・・
別に怒ってないなら
自分で治してあげればいいのにね!

さ、早くおじじ様を治してあげよう!


ナガサダ)
ぶぇっくしょん!!
おお、お譲ちゃんか。
どうりで悪寒がすると思ったよ。

イヅナ)
どういう意味よ!

ナガサダ)
冗談だべっくしゅん!!

→火の珠を使う

ナガサダ)
おや? 悪寒が吹き飛んだ!
これならバリバリ仕事が出来そうだ!


アズキ)
ああ、いい加減うんざりだ。
まだ治らないんだよ、この吹き出物!
いまいましいったらありゃあしない!

→火の珠を使う

おや、治った?!
吹き出物が治ったよ!!

何だい? その石!!
譲っとくれよ!
あんたまだ若いだろ?!

イヅナ)
えっと・・・・・ごめんね!

大切なものなの!!

アズキ)
そうかい・・・・・しかたないねぇ。


イッピツ)
ああ、もう一歩も動けん。

一人も知る者のおらん村で
行き倒れるとは・・・・・
人生とは空しいものじゃのぅ・・・・・

何じゃい!
こそこそ聞き耳を立ておって!

→火の珠を使う

イッピツ)
おぉっ!
足も腰もピンピンしとるぞ!

ワシもまだまだ若いもんに
負けておれんわい!
商売じゃ!


タツトシ)
おかしいなぁ。
頑張って走ってるのに。
体力回復しても治らないなぁ・・・・・・

ねぇお姉ちゃん。
水虫ってさ・・・・・・
どうやったら治るか知らない?

→火の珠を使う

タツトシ)
なんだ?!
な、治った?!
かゆくない・・・・・かゆくないよ!

ありがとうお姉ちゃん!
水虫治ったよ!
これ、ヒナギクには内緒だぜ!


ゲンアン)
うぁぁぁぁぁ
あ、熱いぃぃぃ!
さ、寒いぃぃぃ!

イヅナ)
おじじ様しっかりして!

-火の珠が発動-

ゲンアン)
おぉ、イヅナ・・・・・

イヅナ)
おじじ様っ!
熱くない? 寒くない??

ゲンアン)
大丈夫じゃ。

イヅナ)
良かった・・・・・

ミツモト)
ゲンアン様まで治したのか!?
凄いな、イヅナは。

イヅナ)
へへっ。

シノ)
ほんとにね。
もうイヅナも一人前かな?

イヅナ)
えっ!
だからって
アタシを見捨てていかないでね!

シノ)
そんなに心配しないでも
大丈夫だって!
いきなり消えたりしないよ。

イヅナ)
良かった・・・・・

イヅナ)
おじじ様!
治った所で悪いんだけど
早くこの村から出て行こう!

おじじ様が神様のこと
怒らせちゃったんだって。
また酷い目に遭わされたら嫌だもん。

おじじ様が・・・・・
死んじゃうかと思ったらアタシ・・・・・

ゲンアン)
イヅナ・・・・・

心配かけてすまなんだなぁ・・・・・

せっかく見つけた
落ち着けそうな村じゃが・・・・・

お前がそう言うなら
他を探そう。

シノもミツモトも、それでよいな?

シノ)
はい。

ミツモト)
仰せのままに。

ウメ)
おやおや。
おじいさんずいぶん
良くなられたんですねぇ。

そんな所で立っているのもなんですし
中でお茶でもどうですか?

ゲンアン)
いえ、お心だけで。
すぐ村を発とうとおもいますじゃ。

ウメ)
おや、急ですねぇ
じゃあお茶だけでもどうぞ。

村特製の笹茶ですよ。
健康にいいんです。
さ、皆さんも。

イヅナ)
うえぇ〜っ。
笹?!

アタシ、遠慮しとくや!

シノ)
こらイヅナ
好き嫌いはダメよ!

イヅナ)
へへっ。

ウメ)
これからどこに行かれるんですか?

シノ)
いえ、特に決めてないんです・・・・・
(ズズズ・・・・・)

ウメ)
そう。
じゃあ隣の町を
目指したらどうかしら?

大きな街道沿いにあるから
どこへだって行けますよ。

シノ)
・・・・・・・・・・

ウメ)
おや、どうかしましたか?

シノ)
・・・・・・・・・・すぅ

ゲンアン)
ぐぅぐぅ・・・・・・・・・・

ミツモト)
Zzzzzzzzzzz・・・・・・・・・・

イヅナ)
みんな・・・・・?

ウメ)
あらあら。
立ったまま目も開けたままで
寝てますよ。

イヅナ)
な、なんでっ?!
まさか笹茶になにか・・・・・!!

ウメ)
人聞きの悪い
何もしやしませんよ!!

イヅナ)
じゃあまた荒神のせいだなっ!
くそぉ〜っ!
次はどいつだっ!

△トップへ戻る
→トップページへ戻る