退院しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年01月25日 カテゴリ:雑記
父が退院しました。


指を4本切断してしまう事故の後、退院して家に帰ってきた父がやっていたもの。

それは…










 ドクターマリオ!










えぇっっっ!

と思わず驚いてしまいました。

左手4本の指が包帯でグルグル巻きにされ、指が正常につながっているかもわからない状態でゲームキューブ版Dr.マリオ(NINTENDO パズルコレクション)をプレイしていました。

この状態だと、十字キーが押しにくくて操作が難しいんだよ

なんて言っていました。
普通そんな指の状態で、動きの激しい、左手の操作が要求されるゲームをプレイするものなのか、と思ってしまいました…。
いくら、親指の状態だけはそれほど問題ない状態だとしても…。
今まで病院の先生に診てもらっていたから………、ドクターつながり??


退院前に包帯をほどいて指の状態をドクター(先生)に見てもらったそうですが、切断されて再接着した指の部分は「深緑色」になっていたそうです。

再びくっついて神経が戻るのでしょうか…。

父が退院して安心したのか、母はお酒を飲んで酔っぱらって、
もし、指がくっつかなかったら、もう一度指を切り落とさなくてはいけない
ことをカミングアウトしてしまいました。

そんなこと、俺は聞いてねぇぞ

と父がビックリしていました。
やはり、「父は知らない。」に書いたように、指を切り落とすかも知れない事実は知らなかったようです。




関連:
父は知らない。
父が救急車で運ばれていった…