姉が離婚

このエントリーをはてなブックマークに追加
2006年07月12日 カテゴリ:雑記
今住んでいる家に引っ越してきてから、まだ自分の部屋にクーラーを取り付けていなかったので「最近暑いね〜」なんて、両親と先月話していた時のこと。
「お父さんの部屋は風が通っていて涼しいよ。一時的にお父さんの部屋でも使ってれば?」と、父のことを一切無視して母親が答えたりして。
続けてこう言ったんだ。
「あっ、でももうすぐ○○が帰って来ちゃうからダメだね」
○○とは自分の姉のことで。帰ってくるってどういう意味だろう?姉が結婚してからはもう七年近く一緒に住んだことはないし、今年引っ越してきたばかりの今の家に”帰ってくる”とは一体どういうことなんだろう?とポカーンとしてしまった。やっとのことで口から出てきたのは、
「…帰ってくるって…、…何のこと?」
むしろ逆に驚いた顔をしていたのは、父と母。
そして父はこう言ったんだ。

「○○、離婚するんだよ」






「えっ?」

「本当に?」
「本当だよ。知らなかった?」

いやいや、知っているわけがない。今初めて聞いた。驚いた。
だって、つい二週間前、姉と姉の旦那と自分の三人で一緒に美容室行って髪切ったりしたばかりだよ。いつの間にそんなことになったの?この前会ったときは全然そんな感じじゃなかったし…先週末にも家に遊びに来てたよね…一体どういうこと?
全然信じられなかったので、しつこくもう一回聞いてみた。

「離婚って…本当に?なんで?」

「なんでって言われても、二人で決めたことなんだから仕方ないだろ。先週、離婚届にも判を押したよ」






「えっ、えぇっ………」




全然気がつかなかった…。先週、家に来たときには姉と弟の三人で”ティッシュで立体的なきのこ”作ったりして、ばかばかしく遊んでたのに…。「この小説面白いよ」って、小説貸してあげたりしてたのに…。その後、両親と離婚の話をして離婚届に判を押してもらってたなんて…。大嫌いなきのこに気を取られすぎていたせいか、全然気が付かなかった。鈍感すぎる。


少し、姉夫婦のことを思い出してみた。
始めて会ったときのこととか、結婚したときのこととか、一緒に動物園に行ったときのこととか、一緒に知床行ったときのこととか…
今年も一緒に知床行くのかと思ってたよ…。


いろいろ思い出してみて、なんでこのタイミングに離婚するのか全く想像も付かなかった。離婚するならもっと前に、そう、結婚してから1〜2年目の頃の方がよっぽどピンチだったと思う。
「離婚してやる!」
とかしょっちゅう言ってたから。
その頃から自分としては、「いや二人ともお似合いなんじゃないの?」って思ってて、その後新居も買って、旅行に出かけたりもして、今年に入ってからも来年には新車買うんだとか言ってたりしたから、うまくいってるとばかり思ってたんだけど。


こっちはまだ結婚さえしたことないのに、もう結婚と離婚か…。



あまりにもショックだったから、メールを送ってみることにしたんだ。シンプルに。
「離婚するって、本当?」
って。
そして、返ってきたのがこのメール。


[件名]
あ、バレた?笑

[本文]
ほんとほんと!!
明日、届け出すよ☆
近々、そちらに引っ越すのでよろぴく♪











全っ然、笑えないし、明日届け出すみたいだし、「よろぴく♪」とか言ってるし。
今日メール送らなかったら、離婚のことさえ知らずに、いつの間にか離婚してるところだったよ。ギリギリセーフ。いや、セーフとかアウトとかそういう問題じゃなくて、一言くらい連絡くれても良いのになと思った。寂しいね。
あまり知られたくなかったのかなとか、無理して明るく振る舞ってるのかなとか、いろいろと気を遣っちゃうよ。





















あれから約半月経ったけど、家には来ないし、何の連絡も音沙汰もなし。
母だけは、「お父さんの部屋なくなっちゃうね」なんて気楽に構えているけれど。

離婚した姉は、今頃どこで何をしているのだろう。
あの日聞いたできごとはウソだったんじゃないのかって、心のどこかで期待している自分がいるから、こちらからは連絡を取れないんでいるんだ。