ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > 雑記 > “ボーダソン”や“ソンダフォン”あと一歩及ばず

“ボーダソン”や“ソンダフォン”あと一歩及ばず

このエントリーをはてなブックマークに追加
2006年05月19日 カテゴリ:雑記
ボーダフォンからの名称変更に関して、以下のような過程があったそうです。
孫氏、合弁会社や今後の端末について語る

新ブランド名の候補は2,000ほどあったという。孫氏は「奇抜なものも含めて、多くの候補があった。ネット上ではおもしろおかしく“ボーダソン”や“ソンダフォン”とする声もあったようだが、奇抜というものでも真面目に考えられた候補だった。そうした候補をトーナメントのように、社内外で調査・投票した結果、“ソフトバンク”に決定した。最後の最後まで結果はわからなかった」と語っていた。

ボーダソン”や“ソンダフォン” も真面目な候補だったんですね…

ソフトバンクモバイル略して
そばいる
いつでもどこでも”そばにいる”ソバイルケータイも面白かったんですけど…

ケータイを”ソフトバンク”と呼ぶにはしばらく抵抗がありそうです。

新ソフトバンクのケータイ端末の方は、シャープが頑張っています。
3Gになってからは世界標準仕様のせいで901SH、902SH、802SHと使いづらいバグだらけの端末になっていましたが、ここに来てシャープらしさが戻ってきました。

ワンセグ対応のAQUOSケータイ「905SH」
ボーダフォン、VGA液晶搭載の「904SH」
薄さ17mmでスタイリッシュさを追求した「705SH SLIMIA」
ストレート型のプリペイド端末「V201SH」
「V403SH」にインモールド成型の新色2モデル

注目は、ワンセグ対応のAQUOSケータイ「905SH」。4時間連続で地デジ放送が見られます。
そして、VGA液晶搭載の「904SH」。VGAという今までの4倍の解像度で画面を表示できます。

旧ボーダフォンの携帯端末は実質、シャープと東芝しか選択肢がありませんでした(最近はノキアも?)。
個人的に、東芝よりもシャープ製の方が好きなので、選択肢が1つしかない状態が続いていましたが、シャープ製端末に魅力的なのが増えたのは嬉しいことだと思います。

VGA液晶でワンセグ対応にでもなったら3Gに移行しようかと思います。(現在2Gの501SH

いや、もしかしたらその前にドコモに乗り換えてしまったり…

機種変代が高いんですよね。
VGA液晶の904SHに変更するには39,900円もかかります。

品揃え・価格に自信あり!のフェイスの一番安いデスクトップPCを買って1万円以上のおつりが来るほどの高さです。

しばらくは今のケータイのまま我慢することにします。