ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > プログラミングTIPS > 電脳卸ウェブサービス(仮名)(DWS)利用メモ

電脳卸ウェブサービス(仮名)(DWS)利用メモ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2005年03月05日 カテゴリ:プログラミングTIPS
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

今話題の“アフィリエイトプログラム”であり、そのデザインや報酬率の高さなどが話題の電脳卸
その電脳卸でも、電脳卸ウェブサービス(仮名)というWebサービス(DWS)が始まりました。

 ・アマゾンのAWS(アマゾンWebサービス(AWS)利用メモ参照)
 ・ビッダーズのBWS(ビッダーズWebサービス(BWS)利用メモ参照)

に続いて、電脳卸のDWSです。
CWSが抜けているのが少し気になりますが、WEBサービスが増えるのは嬉しいことです。
RWSやLWSもいつか始まりそうですね。(楽天とライブドア)

このDWSは電脳卸会員がDWSデベロッパーズキットをダウンロードすることで(規約に同意が必要)、dwsが利用できるようになります。

以下、電脳卸ウェブサービス(仮名)に関するメモ。
(個人的なメモなので、内容の保証はありません)


電脳卸のページから、同意に規約しDWSデベロッパーズキットをダウンロードする
2005/3/4から一般公開されました。


・ダウンロードしたファイルを解凍する
中には以下のものが含まれている(2005年03月時)

 ・販売店向け電脳WEBサービス.txt
 ・販売店向け電脳WEBサービス.doc
 ・sample_perl.cgi

ビッダーズWebサービス(BWS)利用メモの時のように、エクセルファイルで仕様が書かれているわけではないので、一安心。(DWSは、ワードファイルは必要なく、テキストファイルで十分な内容なので、MicrosoftWordは必要なし。)


・仕様書を読む
引数パラメータとXMLパラメータを良く読む。


・RESTでXMLを取得するためのパラメーターを確認する
パラメータは以下の通り。

 sword:検索文字列
 email:ログインID
 password:パスワード
 type:heavy/lite
 page:表示ページ

RESTする時に、パスワードが必要なのは嫌な感じ。


・XMLを取得してみる
電脳卸の場合、文字コードはUTF-8となっているので注意する。
仮にEUC?JPで保存されたPHPファイルでパラメーターを渡す場合、
 urlencode(mb_convert_encoding("キーワード", "UTF-8", "EUC-JP")
などとして文字コードを変換した後、URLエンコードする。


・取得したXMLファイルをパースする
XSLTスタイルシートを使う機能は用意されていないので、自分でXMLファイルをパースする。
Perlのみサンプルファイルが付属されているので参考にする。
(パースに関するこの記事での説明は無し)


・XMLを自分好みに変換してHTMLページを作成する
XMLファイルをパースして、自分の好きなようにページを作成する。



・まとめ
 ・アマゾンのAWS、ビッダーズのBWSに続いて、電脳卸のBWS。語呂が良くて、ライバルのように感じられるところが良い。
 ・XMLの要素の作りがわかりやすくて良い。
 ・レスポンスも悪くない。
 ・パラメータにパスワードが必要なのは、あまり感心できない。

あとは楽天、アマゾン、ビッダーズに追いつき追い越せで頑張ってもらいたいところです。


試しにアマゾン検索、楽天検索、ビッダーズ検索、電脳卸を組み合わせて作ってみたページ。
アマゾンHTMLタグ作成ツールもあります)

[Z]ZAPAnetサーチ




これから電脳卸に入ってみようと思っている人は、↓のバナーから。
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』



電脳卸を利用して、商品を販売してみようと思っている人は、↓のバナーから。
商品無料仕入戦隊『電脳卸』