ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > カメラ・写真 > 【PR】TOMSHOO 双眼鏡 レビュー

【PR】TOMSHOO 双眼鏡 レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月11日 カテゴリ:カメラ・写真
TOMSHOO 双眼鏡


TOMSHOOさんからレビュー用に双眼鏡をご提供いただきました。

以前、知り合いがダンスの創作舞台をやるので見に来て欲しいと言われて観に行ったら、遠くて小さくてよく見えなかったという思い出があります。すごく双眼鏡が欲しくなりました。日系スタイルにも「売れるポーチ付き双眼鏡 天体観測を楽しむ女性たち|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE」という記事が2016年にアップされました。いま双眼鏡は女子にも売れています。ただ、女子に双眼鏡が売れている理由は「天体」ではなく、コンサートやミュージカルなどでしょう。


さて、TOMSHOOさんからいただいた双眼鏡。箱にはBINOCULARSと双眼鏡が英語で書かれていました。
TOMSHOO 双眼鏡


最短距離は3mからのコンパクトな双眼鏡で、25mmの対物レンズを備えているそうです。
TOMSHOO 双眼鏡


オープン!
TOMSHOO 双眼鏡


中からは、説明書とケースが出てきました。
TOMSHOO 双眼鏡


説明書は英語。焦点の合わせ方など、詳しい説明はありませんでした。
TOMSHOO 双眼鏡


ケースの中を外に出してみました。
TOMSHOO 双眼鏡


双眼鏡本体、ストラップ、レンズ拭きでした。
TOMSHOO 双眼鏡


双眼鏡本体。TOMSHOOのメーカー名が入っています。
TOMSHOO 双眼鏡


25mmの対物レンズ。
TOMSHOO 双眼鏡


接眼レンズ。
TOMSHOO 双眼鏡


人によって、目の離れ具合が異なりますので…
TOMSHOO 双眼鏡


真ん中で曲がって調整できるようになっています。
TOMSHOO 双眼鏡


ピント調整はこちらで。114m@1000m 10X25と書かれたピントリングを回せばピントが合います。
TOMSHOO 双眼鏡


ゴムの接眼目当てが付いています。まん丸ではなく、少し変形しています。
TOMSHOO 双眼鏡


サイドにはストラップ取り付け部があります。右目側の接眼レンズは、回して視度調整ができるようになっています。
TOMSHOO 双眼鏡


回すと、このように伸びます。奥の左目側は回りません。回るのかと思って、回そうとしてしまいました。
TOMSHOO 双眼鏡


縦置きでも自立します。
TOMSHOO 双眼鏡


持った感じもコンパクトで、重さもズッシリとこないので誰にでも扱いやすいサイズです。
TOMSHOO 双眼鏡


iPhone SEと比べると、このようなサイズ感です。大きすぎないのが魅力的です。
TOMSHOO 双眼鏡


滑り止めグリップは、たしかに滑りにくいのですが、もう少し尖り具合を抑えてくれても良かったかなと思います。強く握ってしまうとちょっと痛いです。
TOMSHOO 双眼鏡


重さも約258グラムと軽量です。金属ではないのでズッシリとしていなくて、軽さに繋がっています。
TOMSHOO 双眼鏡


ピッタリサイズのケースも付属しているので、レンズ部分を汚さず持ち運べます。
TOMSHOO 双眼鏡


付属のストラップを付ければ、首からかけて使えます。あまり高級感はないストラップなので、気に入らない場合は、他のストラップを買えばいいと思います。上記双眼鏡ケースは、上からフタを閉めた場合、上部サイドに隙間ができるので、そこからストラップを出せます。
TOMSHOO 双眼鏡

TOMSHOO 双眼鏡を使ってみて

TOMSHOO 双眼鏡は、コンパクトで扱いやすいサイズで、質感も問題なしだとわかったので、一番気になるのは画質!2000円台で購入できる安い双眼鏡なので、画質がとても心配でした。

まずは室内でのぞき見。

「え、すごいクリア!しかもボヤボヤしてなくて、シャープ!」

いきなり驚きました。安いので解像度が低くてぼやけた画質だったり、黄色くくすんでいる画質になるのではないかと心配していたのですが、あまりのキレイさに驚いてしまいました。

室内では狭く、中央のピントリングだけではピントが合わなかったので、右目の視度調整リングを回したところ、最短2mくらいでもピントが合いました。ただ、視度調整リングが付いているのが右目だけなので、左目のピントが合いません。

次はもっと広い屋外に出て、TOMSHOO双眼鏡を試してみました。右目の視度調整リングを最短に合わせていたので、今度は一番奥に。そうすると、今度は奥に行きすぎて、左目とまたピントがずれてしまいました。双眼鏡のことはよく知らないのですが、左目とピント位置を同じにするために右目の視度調整リングが付いていたんですね。たしかにこの仕組みなら、両目をピッタリに調整しなくても、ユーザー側で調整できて簡単です。ということで、左目と右目のピント位置がピッタリくるように調整して、遠くを見てみると…

「よく見える!!」

安いから画質が心配…なんて思っていたのに、全然問題ありません。シャープです。もっとぼやけた映りかと想像していましたが、とてもシャープです。双眼鏡初心者からすると、「これ以上高級な双眼鏡は必要なの?」と思ってしまうくらいキレイに映ります。一眼レフに高級望遠レンズを付けたよりもキレイに見えます。中央のピントリングを調整すれば、ピント位置もすぐに変えられます。リングもヌルヌルと回転するので微調整もできます。メガネを外して双眼鏡を覗いているのですが、とてもよく見えます。


ということで、TOMSHOO双眼鏡は、コンパクトで扱いやすいサイズながら、画質もよくキレイに見える双眼鏡でした。次回、舞台やコンサートやスポーツなどを見る機会があれば、絶対に持っていきます。