ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > 雑記 > 【PR】ieGeek クッキングスケール レビュー

【PR】ieGeek クッキングスケール レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月23日 カテゴリ:雑記
ieGeek クッキングスケール


Amazonに出店しているDastin-jpさんからクーポンコードをいただき、0.1g単位で量れるieGeek製クッキングスケールを購入しました。

Amazonから届いた箱には、クッキングスケールの箱、しおり(カスタマーサービスカード)、日本語説明書が入っていました。
ieGeek クッキングスケール


説明書に日本語が書かれていないと、「日本語がなくてわかりません!」と評価を下げられてしまうことがあるので、こうやって日本語訳の説明書を一枚入れておくのは良いですね。
ieGeek クッキングスケール


さて、箱の方をオープン!
ieGeek クッキングスケール


クッキングスケール本体と説明書と乾電池が2本入っていました。
ieGeek クッキングスケール


クッキングスケールの上に被っていた透明なカバーを取りました。
ieGeek クッキングスケール


その下にもう一つ透明なカバーがあり、「過剰包装?」と一瞬思ってしまいました。よくよく考えたら、これははかりの受け皿として使えるもので、カバーも兼ねていました。ナイスアイディアです。
ieGeek クッキングスケール


これがクッキングスケール本体です。左から電源ボタン、単位変換ボタン、カウンティングボタン、風袋引ボタン。
ieGeek クッキングスケール


左側。天板は金属製です。
ieGeek クッキングスケール


右側。本体下部はプラスチック製です。
ieGeek クッキングスケール


後ろ側。下に電池ケースカバーが見えています。
ieGeek クッキングスケール


裏側。裏にしてちょっと残念なことが一つ。プラスチックに銀塗装という組み合わせが、安っぽさを感じさせます。現在1000円台で販売されていて、とても安い製品なので値段なりではあるのですが、裏側は安っぽさを感じさせます。
ieGeek クッキングスケール


乾電池は付属しているので、そのまますぐ使えます。
ieGeek クッキングスケール


サイズはとてもコンパクトです。長さはiPhone SEとほぼ同じ長さです。
ieGeek クッキングスケール


重さも、乾電池二個込みで205g。
ieGeek クッキングスケール

ieGeek クッキングスケール を使ってみて

電源ON!「あ、液晶が光った!」。
ieGeek クッキングスケール


液晶画面が光るので、暗めのところでも見やすいです。Pokémon GO Plusの重さを量ってみたところ、16.5gでした。0.1gで単位で量れて、表示も機敏なので量りやすいです。
ieGeek クッキングスケール


ということで、軽量コンパクトで、液晶も光るキッチンスケールで、0.1グラム単位で量れるのがとても良いと思いました。