ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > iPhone・iPad・Android > 【PR】OmakerのUSBカーチャージャーと30pin Dockケーブルレビュー

【PR】OmakerのUSBカーチャージャーと30pin Dockケーブルレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年10月05日 カテゴリ:iPhone・iPad・Android
Omakerの木村さんから、またまたサンプル品をいただきました。AppleMFI認証済み 30pin Dockケーブル3USBポートカーチャージャー(ホワイト)の2製品です。【PR】Omaker 26W/5.1A USB カーチャージャーレビュー【PR】Apple MFi認証済み OMAKER Lightningケーブルレビューに続いてレビューします。

Omaker 26W/5.1A USB カーチャージャー

【PR】Omaker 26W/5.1A USB カーチャージャーレビューを書いた後、Omakerの木村さんから「改善すべきなところがあれば、是非教えてください」と言われました。「金色だけではなく、白のカーチャージャーもあると、好みによって選びやすいと思います」と答えたら、「今度ホワイト銀色のカーチャージャーも出品するつもりです」と言われ、到着したらすぐに送ってもらえることになりました。

そして、届きました!
今度は白と銀のUSBカーチャージャーです。
omaker usb カーチャージャー


パッケージ裏側。「RoHS,CE & FCC認証ライセンス取得、26Wの電力を安全に管理して使用できます。独自な保護システムにより過電圧、過電流、加熱および回路のショートを防ぐことができます」と、アマゾンに書いてありました。
omaker usb カーチャージャー


開けてみました。余計なものが入っていないシンプルな構成です。
omaker usb カーチャージャー


これがホワイト版のOmaker製 26W/5.1A USB カーチャージャー。
omaker usb カーチャージャー


USBポートはもちろん3つです。
omaker usb カーチャージャー


これは好みの話にもなりますが、自分は黒よりも白の方が好きです。
omaker usb カーチャージャー


車内に置きっ放しの場合、もしかしたら、白よりも黒の方が目立たなくても良いかもしれません。カーチャージャー単体で見るなら、私的に白の方が好みです。
omaker usb カーチャージャー


出力は、上から2.1A、2.0A、1.0A。合計で5.1A、フルに使えます。タブレット2台の急速充電と、スマホ1台の充電が可能です。USB充電に対応しているデジカメやゲーム機等の充電もできます。
omaker usb カーチャージャー


入力電圧は、10-18V。車のシガーソケットに差し込めば、USB充電できます。
omaker usb カーチャージャー


前回の黒バージョンと並べてみました。
omaker usb カーチャージャー


色が増えて、選択肢が増えたのはとても良いことだと思います。白いスマホを持っている人は白を、黒いスマホを持っている人はどちらでも、金(iPhone6など)のスマホを持っている人は、黒が良いのではないでしょうか。
omaker usb カーチャージャー

Apple MFI 認証済み 30pin Dock ケーブル

そして今回は、Apple MFI認証済みの30pin Dockケーブルもセットでいただきました。
これがパッケージです。【PR】Apple MFi認証済み OMAKER Lightningケーブルレビューのときのパッケージとは大きく異なり、環境に配慮したエコパッケージになっています。
omaker Dockケーブル 30pin


裏側。安心のAppleMFI(made for iphone/ipad/ipod)認証ライセンス取得済み。アップルの認証を受けているので、デバイスとの接続の相性や互換性を気にせず使えます。偽物と違って、iOSのバージョンが上がっても安心です。
omaker Dockケーブル 30pin


箱を開けてみました。
omaker Dockケーブル 30pin


これがOmaker製の30pin Dockケーブルです。耐久性にこだわって作られているため、純正品よりも太いコードが採用されています。
omaker Dockケーブル 30pin


ケーブルの長さは2m。iPhone4と並べてみました。面白いことに、アマゾンのページには、「2mの寝落ちに最適の長さ」と書かれています。ケーブルが長いので、コンセントから離れていても、充電しっぱなしでiPhoneの操作ができます。
omaker Dockケーブル 30pin


アップル純正品はケーブルが細く、コネクタとの接続部が断線しやすい造りでした(特にiPhone3Gのケーブルはすぐ断線しました)。Omaker製のケーブルは、太くてしっかりしているので、断線しにくそうです。少しだけバリが出ていたので、気になる人は毟るなり、ヤスリがけするなりした方が良いかもしれません。
omaker Dockケーブル 30pin


USB差し込み側は問題のない造りです。
omaker Dockケーブル 30pin


上に書いたUSBカーチャージャーの差し込み口に挿してみました。ピッタリです。
omaker Dockケーブル 30pin


DockコネクタもiPhone4に差し込んでみました。大丈夫です。
omaker Dockケーブル 30pin


カーチャージャーだけでなく、もちろん普通のUSBコネクタや、USB電源アダプタに接続しても使えます。
omaker Dockケーブル 30pin


バッテリーが空の状態から電源が入ったので、30pinケーブルが正常に動作していることを確認できました。
omaker Dockケーブル 30pin


Apple 30pin Dockケーブルというと、対応品はiPhone 4s、iPhone 4、iPhone 3GS、iPad 2、iPad第三世代、iPod touch 第四世代、iPod nano 第六世代等になります。最新のiPhone 6 PlusやiPhone5等は、DockケーブルではなくLightningケーブルとなります。間違えないよう気をつけてください。Lightningコネクタタイプの場合は、この前紹介した「【PR】Apple MFi認証済み OMAKER Lightningケーブルレビュー」のケーブルが使えます。今回の30pin Dockケーブルは、少し古いタイプの接続形式です。古いとは言っても、iPhone4SやiPad2やiPod touch等を使っている人はまだまだいます。太くて丈夫なケーブルが欲しい人、2mの長さのケーブルが欲しい人、純正品より少しでも安いものが欲しい人にとっては最適だと思います。MFi認証済みなので、iOSのバージョンが上がっても安心して使い続けることができます。


ということで、OmakerのUSBカーチャージャーと30pin Dockケーブルのレビューでした。




追記クーポンコード【PR】omakerの秋生活応援イベント