iPhone5開梱レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年12月09日 カテゴリ:iPhone・iPad・Android
今月ようやくiPhone5に機種変したので、今頃iPhone5のレビューでもしておきます。世間ではAmazon KindleGoogle Nexus 7APPLE iPad miniなどのタブレットも流行っていますが(なぜか楽天koboは流行っていない)、やっぱりiPhoneです。タブレットでできることは大体iPhoneでもできますし、ポケットに入る小ささと、電話もできる便利さはiPhoneならではです。

というわけで、iPhone5開梱レビューでもしておきます(正確には、ソフトバンクショップの人がビニールをビリビリ破り、すべて初期設定を済ませてしまっているので、iPhone5本体は箱の外に出ている状態です。一応、自分で箱を開けるのは初めてなので)


これがiPhone5の箱です。


iPhone5本体の表側です。手に持ってみると、「薄い!軽い!長い!」と感じます。iPhone4に比べて、ズッシリ感がなくなりました。


裏側。酸化皮膜処理したアルミニウム6000シリーズと、着色ガラス製のインレイが上部と下部に組み込まれています。

上部。今までのiPhoneと違い、イヤホン端子が消えました。


カメラの表面はサファイアクリスタルでできています。


左側面。すでにガリッとなってアルミむき出しです(前回の記事参照)。


下部。幅の狭いLightningコネクタに変更になっています。スペースができたので、イヤホン端子はここに移りました。


箱の中身。


Lightningケーブル。今までの30ピンコネクタよりもかなり小さくなっています。


iPhone5に接続するとこんな感じです。USBコネクタと違って、「カチッ」とはまったことに驚きました。


iPhone5(左)とiPhone4(右)を並べてみました。


一目見て、縦に長くなっているのがわかります。


側面。iPhone5はiPhone4よりも少し薄くなりました。


デザイン的には、実はiPhone4の方が好きだったりします。これは、iPhone4を長い間使ってきて愛着がわいているから…という部分もあります。でもiPhone3GからiPhone4に機種変したときのことを思い出してみると、iPhone4に機種変したときも「iPhone4の方がイイ」と思ったし、iPhone4からiPhone5に機種変したときも「iPhone4の方がイイ」と思っているわけです。単純にiPhone4のデザインが好きなんですね。大きさや側面の銀色のカラーデザインなども。iPhone5は少し暗い色合いで、縦にも長いデザインなので、今のところiPhone4ほど好みではありません。


さて、iPhone5に4〜5日ほど触れて生活してみました。iPhone5に慣れてからiPhone4を持つと、「重い」と感じます。薄さや長さについては割とどうでも良い問題だったりしますが、このiPhone5の軽さは素晴らしいの一言です。iPhone5のデザインも好きになってきました。

続き1iPhone5は尿液晶か?iPhone4と比べてみて、驚きの結果が…!
続き2Apple Lightning - 30ピンアダプタを買った
続き3ソフトバンクのLTEエリアが意外と広かった件
続き4iPhone5のテザリング設定方法