ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > iPhone・iPad・Android > ソフトバンクのiPhone5に機種変した

ソフトバンクのiPhone5に機種変した

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年12月08日 カテゴリ:iPhone・iPad・Android


9月21日に発売されたiPhone5。今回の新しいiPhoneは、auがテザリングサービスを開始すると発表したことによって、ソフトバンクとauの戦いが口火を切りました。auがテザリング可能、ソフトバンクはテザリング不可能、では、両社の契約数に大きく影響します。しかしソフトバンクは、テザリングを実施できない状況でした。対抗策としてソフトバンクは古いiPhoneの下取りサービスを発表しましたが、これだけでは弱く、発表から数日でauへのMNPを決めた人が数万人単位でいました。もちろんソフトバンクの孫社長がこの状況を指をくわえて眺めているだけのはずもなく、これは何か手を打ってくるな、と思って、今のままソフトバンクでiPhone5にするか、MNPでauのiPhone5にするか見極めていました。そして発表されたのが、ソフトバンクのテザリング対応とイー・アクセスの買収。回線への不安をイー・アクセス買収によって解決し、iPhoneと言えばソフトバンク、のイメージを覆さない作戦が発表されました。ソフトバンクもテザリングサービスの開始を発表したことで、両社はイーブンの戦いとなりました。

auがテザリングサービスを開始すると発表した時点で、自分の中でiPhone5の発売日購入は避けて、様子見することに決めました。ソフトバンクの孫社長が何か手を打ってくるのは目に見えていましたし、両社の回線状況なども見極めたかったからです。あと、あまり焦ると初期ロットの不具合とかに当たる可能性もありますし、受付も混んでいたりするので、あまり焦らない方が良いですね。

iPhone5になって、通信費の値上げ

見逃せないのが、今までのiPhoneと違い、iPhone5は月々の通信費が値上げされていることです。これは次世代通信であるLTEが利用できるため、ユーザーに選択権もなく、無理やり高い通信費が設定されます。

iPhone4Sまでの通信費は、「パケットし放題フラット」で月額4410円でした。新しいLTEの通信費は、「パケットし放題フラット for 4G LTE」で月額5985円です。iPhone5の場合は、「4G LTE定額プログラム」というのが適用されるみたいで、月額5460円です。つまり、4410円から5460円へ、毎月1050円出費が増えてしまうということです。しかも、iPhone5発売時のLTE提供エリアはまだ狭く、LTEの恩恵を享受できなくても、高い通信費を毎月払うことになります。うちのような都会から離れているところに住んでいる身にとっては、LTEエリアがある程度広がってからでないと損をします。

ソフトバンクにするか、auにするか、けっこう悩みましたが、どちらもあまり決め手はありませんでした。auの方は「パケ詰まり問題」というトラブルがあるとかないとか聞いて、これは自分が体験したわけでもなくよくわからない状況でした。どちらも決め手がないまま12月になってしまって、確か12月31日までがソフトバンクのテザリングオプション2年間無料申し込み期間だったなと思って、12月5日にソフトバンクショップへとフラフラ行って機種変してきました。ソフトバンクショップの中を覗いたら、iPhone5当日持ち帰りOKで中も空いていたので。


ソフトバンクショップでiPhone5に機種変。有料オプション強制加入

相変わらずソフトバンクショップはひどいですね。あんしん保証パックやYahoo!プレミアム for SoftBankなど、いくつかの有料オプションに勝手に加入させられました。確認もなしに。「機種変更申し込み内容確認書」を見たら、オプションの名前が書かれていたので、「これらのオプションは何ですか?」と聞いたら、「必要ないなら明日以降解約してください」と言われました。ひどいです。

それから、なぜか違約金9975円取られました。「えっ、古いiPhoneから新しいiPhoneにするのに、契約解除料が取られるのですか?」と聞いたら、「そもそもiPhone4とiPhone5では契約の内容が違うので、契約解除料がかかります」と言われました。よくわかりません。ホワイトプランからホワイトプランなのに、なぜか9975円取られるようです。家に帰って契約内容をよく見てみたら、ホワイトプランN(i)からホワイトプランR(i)に変更になっていました。よくわかりません。なぜか9975円払わないといけないようです。どうせ違約金払うなら、MNPでauに行った方が良かったかも、と思いました。
追記:違約金がかかるのはおかしいとの指摘がありましたので、次回請求時にどのようになっているのか再度確認してみます。
また、有料オプションについては、最初の1ヶ月は無料なので、必要ないなら明日以降解約してください、と言われています。食い下がればオプションに加入しなくても大丈夫だったかもしれません。

液晶保護シール貼りのプロのワザ(1680円)

「液晶保護シールやケースはどうですか?」とソフトバンクショップの人が言ってきました。その場で買うつもりはなかったのですが、「液晶保護シールは責任もって私が貼ります」と言うので、「じゃあ…」と液晶保護シールを買うことにしました。液晶保護シールを貼るプロのワザを見てみたかったので。液晶保護シールの値段を見て驚きました。1680円。しかも分割払い。70円の24回払い。たかが液晶保護シールに1680円は高すぎです。

目の前でプロの液晶保護シール貼りを見せてもらいました。ホコリを入れないように、どんなプロのワザが飛び出すのか期待していました。その人のやり方は…

1. iPhone5に最初から付いているフィルムの周りを良く拭き、そのフィルムを剥がす。
2. 液晶保護シールを一気に貼る。

これだけ。「これじゃあ、ホコリが入るのでは?」と心配していたら、案の定iPhone5の液晶面と液晶保護シールの間にホコリがいくつも入っていました。ソフトバンクショップの人は、何事もなかったかのようにセロテープを取り出し、今貼ったばかりの液晶保護シールをセロテープで剥がし、ホコリをセロテープで取り去り、またiPhone5に貼りました。これを3〜4回繰り返して、ホコリの混入と気泡の混入ゼロで完成しました。プロのワザは、「ホコリを入れない」ではなく、「ホコリを取り去るのに慣れている」ということでした。

難しいホームボタンと液晶保護シールの位置決めは上手いのかと期待していましたが、それほどうまくもなく、普通にずれていました。

次からは、自分で貼ります。

もろすぎるiPhone5の外装

アプリのデータなども移していないし、iPhone5をポケットには入れずに、iPhone4とiPhone5をバッグに入れて、家まで持って帰ってきました。

家に帰ってiPhone5を取り出したら、こんな風に、ガリッとなっていました。



iPhone5の外装もろすぎ\(^o^)/

iPhone5を手に入れて、家に持って帰ってきただけでガリガリになっていました。「酸化皮膜処理が〜」とかあるのかもしれませんが、アルミむき出しでガリガリの銀色になっていました。これはケースが必要ですね。

ケースの種類がまだ少なかった

今回ソフトバンクショップではiPhone5用ケースを買いませんでした。なぜなら、気に入ったケースがなかったから。発売から2ヶ月以上経って、新しいケースが増えているのかと期待していましたが、まだまだ少ない状況でした。近くのケータイショップにも寄って、iPhone5用ケースを見てみました。「iPhone2012年秋モデル」と書いてあるケースもいくつか売っていて、iPhone5発表前に作ったケースが売れ残っている状況でした。現時点では、iPhone4からiPhone5へとデザインが大きく変わり、専用ケースの種類も少ない状況です。自分はiPhone3G→iPhone4→iPhone5と機種変してきました。ケースや周辺機器等の対応状況を考えると、iPhone3GS→iPhone4S→iPhone5Sの周期で機種変した方が、選択肢が豊富で楽そうです。

Lightningコネクタ問題

iPhone5への機種変を躊躇させるのがLightningコネクタ問題。今までのiPhoneは30pinコネクタでUSBケーブルを接続していました。iPhone5は全く新しいLightningコネクタに切り替わっています。iPhone5の発売日にLightningケーブルはまだ用意されていなくて、10月になってからやっと発売され、ずっと在庫の少ない状況が続いていました。アマゾンでぼったくり価格で販売されていたり、非純正の動作の怪しいケーブルが販売されていたりしました。12月になってLightningケーブルの販売状況は落ち着いてきたようです。
今回コネクタの形が変わって、困るのは、モバイルバッテリーの充電やDOCK接続していたiPhone用オーディオです。モバイルバッテリーの充電は、ケーブルだけ買えば済む問題です。純正以外は動作が怪しい状況で、純正はちょっと値が張りますが。iPhone用オーディオの方は正常に動くか心配でした。インターネットの情報を見る限りは大丈夫そうでした。今度、自分ので試してみます。

縦長になったiPhone5アプリの対応状況

iPhone5は、今までのiPhoneとは解像度(比率)が変わり、縦長のデザインになってしまいました。アプリの開発者側から見ると、こういう変更は本当に嬉しくない変更点です。iPhone5の画面サイズに合わせてしまうと、旧iPhoneでははみ出して表示できなくなってしまいます。旧iPhoneのサイズのままだと、今度は上下に黒帯が表示されます。初期インストールアプリのSafariなどは縦長デザインに対応しています。他のメーカーが作ったゲームアプリなどは、今後も改善されるかわからない状況です。

なぜブラック&スレートモデルを選んだか

iPhone5の解像度に対応していないアプリは、すべて上下(左右)に黒帯が挿入されます。縦に長くなった分、中央に表示して、余った部分が黒くなる対処になっています。まだまだアプリのiPhone5への対応は進んでいなくて、ゲームなどのアプリは今後も縦長になるかはわかりません。したがって、黒帯とのつながりが自然なブラック&スレートモデルのiPhone5を選んでおけば、iPhone5に対応していないアプリの動作も自然だと考えました。

かいかえ割が11月30日に終わっていた

「ソフトバンクでiPhone5に機種変すると、1年間ホワイトプランが半額になるかいかえ割があるはずだけど、そういえば、機種変時に何も言われなかったな〜」と思って調べてみたら、かいかえ割は11月30日に終わっていました\(^o^)/
490円*12ヶ月分、損してしまいました。テザリングオプションの申し込みが12月30日までだから、かいかえ割も12月30日までだと思い込んでいました。ちゃんと調べてから行かないとダメですね。

新しいかいかえ割が12月7日から始まった

旧かいかえ割に乗り遅れてショックだったのに、さらに追い打ちがありました。新かいかえ割が12月7日から始まったんですね。内容は、1年間毎月の通信費を1050円値引くというもの。1050円*12ヶ月分も損した!と思ったら、よく見たら月々割が毎月390円値上げされていました。「1050円*12ヶ月分-390*24ヶ月分」の3240円得するだけのキャンペーンでした。

11月30日までに機種変した人は、5880円のお得。
12月1日〜6日までに機種変した人は、得なし。
12月7日〜1月31日までに機種変した人は、3240円のお得。

になるようです。魔の6日間に機種変してしまいました。ちょっと失敗です。その分ソフトバンクショップはすごい空いていて、待ち時間もなく受付できました。iPhone5も当日持ち帰りでした。

これから2年間はソフトバンクのiPhone5と一緒

というわけで、auへとMNPはせず、ソフトバンクのiPhone5に機種変しました。最低2年間は使うつもりなので、これからiPhone5ライフを満喫したいと思います。


続き1iPhone5開梱レビュー
続き2iPhone5は尿液晶か?iPhone4と比べてみて、驚きの結果が…!
続き3Apple Lightning - 30ピンアダプタを買った
続き4ソフトバンクのLTEエリアが意外と広かった件
続き5iPhone5のテザリング設定方法


関連リンク