ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > プログラミングTIPS > 今年は、enchant.jsがアツい!…のか?

今年は、enchant.jsがアツい!…のか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年02月25日 カテゴリ:プログラミングTIPS
「HTML5 + JavaScript」ベースのゲームエンジン「enchant.js」。わずか30KBのソースコードで、PC, Mac, iPhone, iPad, Androidすべてで動作するクロスプラットフォームなアプリケーションを開発可能なスタンドアロンライブラリです。

今週2月21日に発売された週刊アスキーに、こんな特集が組まれていました。「スマホ用ゲームを3時間で自作する」。



ゲームエンジンを使えば超簡単っ!!



ソースコードは全57行



プログラムを細かく見てみよう!



こんな感じで、ソースコードと解説付きで、スマホ用ゲームのプログラミング記事が載っていました。

最後の開発よもやま話には、このような会話も載っていました。
ショウ君「でもJavaScriptのお作法を知らない人は、ソースコードを完全に理解するのは難しくないか?」
ダースー「そんな人にオススメの本があるずらよ」

HTML5とJavaScriptでスマートフォンゲーム作成! ゼロからはじめるenchant.js入門【公式ガイド】

さすがに知識ゼロから始めるのは難しいとわかっていたようで、「ゼロからはじめるenchant.js入門」の宣伝がありました。



ゼロからはじめるenchant.js入門」は現在、Amazonでも好調に売れているようで、品切れです。すでに楽天でenchant.jsを予約していたので、品切れでも無問題でした。この本の目次はこんな風になっています。


該当ページを開いてみるとこんな感じです。今まで何冊か買ったことのある布留川英一さんの本なので、似たような感じで読み進められるかなぁと(まだ読み終わっていません)。



「脱出ゲームを作ってみよう」、「Twitterと連携させてみよう」などもあります。



enchant.jsは、2011年4月にリリースされ、リリースから2ヶ月で200本近くのゲームが製作されました。世界で最も多く利用されているHTML5ゲームエンジンだそうです。HTML5対応Webブラウザの開発も進み、これからもっとHTML5はアツくなっていくと思います。enchant.jsが天下を取るかどうかはわかりませんが、とりあえず参考書を買ってみました。