SIGMA SD1を見てきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年02月10日 カテゴリ:カメラ・写真
先月、シグマSD1についていろいろ聞いてきました。今月、「CP+2011」にて、SIGMA SD1のデモ機が展示されると聞いて、早速見に行ってきました。



これが噂のSIGMA SD1です。搭載されている新型のFoveon X3イメージセンサーは、センサーサイズが24×16mmの4600万画素です。RAW撮影すると、一枚に付き50MB前後の容量になるそうです。

SIGMA DP1xにて撮影


SIGMA SD1を斜め上から見るとこんな感じです。思っていたよりも、ずっとボディが薄くて格好良いボディでした。

Nikon D700にて撮影


そして、見る人見る人「すごい!」と驚嘆していたのが、SD1によって撮影された写真の展示。今までの常識をくつがえすような圧倒的な解像感でした。真ん中の女性の写真は前回見ましたが、右の男性のポートレート写真は初めて見ました。素晴らしすぎてビックリしました。撮影に使われていたレンズは、SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSMが多く、センサーの性能を最大限に活かしてるように感じました。この前85mm F1.4 EX DG HSMのテスト撮影をさせてもらったときには、開放でも良く写るレンズであることを確認できました。今回の展示では、F4に絞っての撮影も多く、絞っての写りも素晴らしく感じました。SD1を買う予定の人は、85mmF1.4もセットで買うと良いのではと思いました。

SIGMA DP1xにて撮影


今のところSIGMA SD1を買う予定はないのですが(買うお金が…)、あまりにも写りが素晴らしいので欲しくなってしまいました。