ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > 雑記 > 腹筋ローラーがすごかった!わずか5回で筋肉痛!

腹筋ローラーがすごかった!わずか5回で筋肉痛!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年01月21日 カテゴリ:雑記
テレビで腹筋ローラー(アブホイールとか、名前はいろいろあります。四つん這いになってローラーを前後させるヤツ)に挑戦し、できなかった人の放送を見ました。「立ったままやるのは無理だろうけど、膝ついてやれば割と簡単にできるんじゃないか?」と思って急激に試してみたくなりました。

アマゾンで検索してみたところ、「XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナーTR H-7218」という良さげな腹筋ローラーが、約1000円で売られていたので買ってみました。アマゾンは全商品送料無料になってしまって、アマゾンプライム会員の自分としては悔しいので、お急ぎ便で注文しました。腹筋ローラーを忘れて興味を失う前に、すぐに届きました。こういう健康器具系は、やる気が一番大事ですからね。すぐ届くのは助かります。届いた腹筋ローラーはこれです。



試してみたら、これがすごかった!

試しに膝をつきながら1回やってみたら…普通にできました。
もっと限界まで体を伸ばしきってやってみましたが、これもできました。
途中で止める場合と、完全に体を伸ばしきるのでは負荷が全然違って、予想よりはきつかったです。

次は立ったまま挑戦。
無理でした…。
途中で力尽きてバタンと床についてしまいます。
さすがに立ったままでは無理でした。
あと3〜4回、膝をついたまま腹筋ローラーをやって、とりあえず1日目は終了しておきました。
あと10回くらいはできそうでしたが、まだ説明書もまともに読んでいなかったので。

インターネットで検索してみたら、やり方を解説しているビデオが見つかりました。
膝を垂直に立て、猫背にしてやるのがコツみたいです。
腰をそらせると腰を痛める可能性があり、また途中で力尽きると顎を強打する可能性があります。
器具が安いからといって、なめてかかると危険です。


上級者の動画もありました。
これはすごいです。



で、正しいやり方もわかったので、次の日試してみようと思って寝ました。
次の日…。

「あれっ、お腹がいたい…」

朝起きて、お腹の辺りがなんだかピキピキしています。
なんだろう、昨日何かしたかな、とよくよく考えてみたところ…
「腹筋ローラーだ!」
と。

まさか、たった5〜6回適当にやっただけでお腹に来るとはビックリしました。
本当に腹筋ローラーのせいなのかと思って、朝からもう一度腹筋ローラーを試してみました。

1回もできなかった!

腹筋の筋肉痛で粘ることができず、腹筋ローラーが1回もできなくなっていました。

その後、なんだか肩の辺りが凝ってるなぁと思ったら、腹筋ローラーのせいだったし、肘の横の方も少し筋肉痛気味になったりしていました。
調子に乗って昨日20回くらいやらなくて良かった、と心底思いました。
買って1日目は控えめ推奨です。

次の日も腹筋の筋肉痛はまだ完全には治っていなくて、完全に腕を伸ばしきらずに軽いトレーニングでやめておきました。

さらに翌日、筋肉痛も治り、正しいフォームで10回くらい腹筋ローラーをやりました。
猫背を意識すれば、より腹筋に負荷がかかります。
腹筋ローラーという通称ですが、実は腕や肩の辺りにもかなり負荷がかかります。
あとは、膝も痛くなるので、マットなどを敷いてやった方がいいですね。

で、次の日。

また筋肉痛に…。
10回程度でまた筋肉痛。
次の日はまた休息日にあてました。
腹筋ローラーはしっかりと筋肉に負荷を与えることができるので、筋肉の超回復を待って、中1日か中2日くらいのペースでやるのが良さそうです。
回数も5回や10回でOKなので(スピードも自分で調整できます)、飽きる前にトレーニングが終了してナイスな器具だと思いました。

普通の腹筋トレーニングの場合、最低20回くらいはやらないと腹筋に効いてこないし、そこまでやる頃には疲れて飽きていたりして、負荷は少ないしでトレーニングを続ける根気がなくなります。
それに対して、この腹筋ローラーは回数は少ないのに、確実に筋肉に負荷をかけられるところが良いです。

約1000円なのに、あなどれない器具です。
この「XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナーTR H-7218」。


作りにも問題はなく、初めから完成品で、すぐに腹筋トレーニングを始めたい男性にはオススメです。
女性だと膝をついていても1回もできない可能性は高いですし、男性でも完全に腕を伸ばしきるのは人によってはできないかと思います。
自分の筋力に合わせて、角度を調節してトレーニングするのがポイントかもしれません。
この腹筋ローラーは、大きくもなく場所も取らないので、なるべく目に付く場所に置いておきたい一品です。ぜひ腹筋を鍛えましょう!