ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > 雑記 > 渋谷の藤田社長を出資法違反などの容疑で逮捕

渋谷の藤田社長を出資法違反などの容疑で逮捕

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年11月15日 カテゴリ:雑記
今日15日から、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:藤田晋)が、5億人利用の世界最大ソーシャルサイト「Facebook」経由での採用活動を始めました。

早速、フェイスブックの「株式会社サイバーエージェント 2012年度 新卒採用 【ビジネスコース】」にアクセスしてみたところ…

「いいね!」をクリックして、サイバーエージェントの採用活動にエントリー!
と表示されました。

この「いいね!」をクリックした人は、サイドバーに表示されます。そのため、サイバーエージェントに就職希望している人の情報がだだ漏れです。


このように書くと、プライバシーがどうとか言い始める人が日本では出てきてしまいそうです。
日本ではプライバシーを気にしすぎていて、本質的なことを見失いがちの傾向にあります。

「サイバーエージェントに就職希望してるよ。で?」くらいの気持ちで構えていてもらいたいものです。
Facebookでは実名での登録が推奨されています。Facebookに限らず、日本でも実名でネットをする人が増えてきています。
世の中にはばれて困ることも、ばれて困らないこともあるわけで、いちいち騒ぎ立てて本質的なことを見失わないで欲しいなぁと思っています。


さて、このFacebookの件とは関係なく、渋谷の藤田社長が出資法違反などの容疑で15日に逮捕されました。
「未公開株への投資などを名目に違法に金を集めたとして、愛媛県警は15日、インターネット関連会社(本社・東京都渋谷区)社長、藤田容疑者ら4人を出資法違反などの容疑で逮捕した。県警によると、被害者は東京、大阪、愛媛、福岡など1都10県で約300人、被害総額は約11億1000万円に上るとみられる。」

サイバーエージェントとは全く関係ない事件ですが、本社所在地と社長の名字が同じだと紛らわしいですね。

紛らわしいと言えば、「サイバー藤田」というTwitterアカウントが、サイバーエージェント藤田社長の「なりすまし」と判断されて、勝手に退会処分となってしまった事件を思い出しました。