ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > 雑記 > さくらインターネットの社長に会ってきた

さくらインターネットの社長に会ってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年11月04日 カテゴリ:雑記
さくらインターネットの社長さんにお会いしてきました。


(おみやげは、さくらインターネット株式会社のオリジナル専鯖手ぬぐい)

今年の8月、AMNの方からさくらのマネージドサーバ Core 2 Duoプランを体験してみないかと言われて、新宿にあるさくらインターネット株式会社に行ってきました。

さくらインターネットと言えば、個人的に昔からずっと借りているサーバ会社でもあり、この[Z]ZAPAブロ〜グ2.0もさくらインターネットのサーバで運用されている、なじみの深い会社です。

さくらインターネットは創業の1996年以来、急成長で伸びてきた会社。その会社の社長は、相当なやり手の営業マンみたいな人かと思っていました。怖い人だったらどうしようかと、少し身構えていました。

さくらインターネットのある住友不動産西新宿ビル33Fの一室で待っていると、田中邦裕社長が入ってきました。

「あれっ?」と思いました。

入ってきた瞬間、想像していたイメージとは違うことに気付きました。やり手の営業マンというよりは、なんというか研究者っぽいというか、理系というか…「高専生っぽい?」と思ってしまいました。一言あいさつしたくらいで、勝手に高専生っぽいオーラだと感じてしまった自分に、自分自身で偏見がひどいなぁ、なんて思いながら、さくらインターネットの話を社長から直接いろいろ聞いてきました。


田中社長は、さくらインターネットの成り立ちから細かく教えてくれました。学生の頃UNIXに触れ、その経験が現在につながっていること。恩師に今後の技術的な動向(これからはオープンソースだ、とか)を教えてもらったこと。田中社長が起業したのは学生の時で、18歳で創業、20歳で会社を設立。学生の頃は、吹奏楽の指揮者、サーバの仕事、ロボコン等で忙しかったようです。

「ロボコン?」

話を聞いていてわかったのですが、田中社長は本当に高専出身でした。自分の偏見じゃなくて、高専出身が正しくて良かったなぁと心の中で思ったりしました。


で、まぁいろいろ話を聞いていて、田中社長の人柄は予想よりもはるかに柔軟な人で、怖さとかそういうものは全然ありませんでした。インターネットでは良いこと悪いこと、たくさん好き勝手に書かれたりします。人によってはそれがインターネットの悪いところだと感じる人もいます。田中社長にとっては、いろいろ書かれるのはありがたいことだと言っていました。良いことも悪いことも、言われなくては気付かないこともある、気付いたことはどんどん言ってくれた方が嬉しい、ということだそうです。掲示板、SNS、Twitterなど、いろいろなところで情報収集していると言っていました。悪口、誹謗中傷などを書かれると、ネットの情報を遮断してしまう人も多い中で、自ら情報をチェックしてサービスの改善に役立てているのはえらいと思いました。一番怖いのは「関心を持たれないこと」とも言っていました。

ちょっと調子に乗って、「今使ってる専用サーバ、スペックが低いので高機能なサーバに乗換えるプラントか用意してくれませんか?」と聞いたら、「検討しましょう」と答えてくれました。

あぁ、なるほど柔軟な人だ、だから「とある櫻花の画像生成(ジェネレーター)」や「とある会社の四月馬鹿」なんてものを作っていたんだなぁと、この時初めて理解しました。


(とある会社の四月馬鹿。エイプリルフール限定公開)

ついでに、この画像生成プログラムは、さくらインターネットのサーバではなく、「Amazonのサーバ」を使っていたことを教えてくれました。突発的なアクセスには通常のサーバでは対処できず、アマゾンのクラウドなら対処できるという理由でした。自分のところでサーバ事業を行っていたら、あまり他社のサービスは使いたくなさそうなものですが、田中社長は明るく話してくれました。

そして、この経験が現在大ヒット中の「さくらのVPS」にもつながっていて、他にも通常のサーバでありながら負荷に応じて処理能力をアップさせるサービスを提供できたら、とも言っていました(どうやって実現させるのかはちょっとわからなかったのですが)。負荷でサーバが落ちるというのは、誰にとっても不幸で、誰にも嬉しくない、だから落ちないようにさせたいと言っていました。たとえばショッピングサイトなら、アクセス数が増えればそれだけ商品が売れ、消費者は買うタイミングを逃さず、店は売るタイミングを逃さない。負荷に応じてサーバの処理能力が上がれば、その分サーバ利用料が多少上がったとしても、売り上げの方が絶対に上回るはずだ、と。


ということで、さくらインターネットの社長さんは思っていたよりもずっと柔軟な人で、想像していた人とはちょっと違ったので、ここに書いておきます。もし、さくらインターネットのサービスで不満なところとかがあったら、ブログでも掲示板でもツイッターでも、メッセージを発信してあげると改善してもらえるかもしれません。

ちなみに今回体験した「さくらのマネージドサーバ Core 2 Duoプラン」については、さくらのマネージドサーバ Core 2 Duo ブロガーレビューに掲載されています。このブログにも、次の記事以降にアップしておこうと思います(↓アップしました)。



余談:現在レンタルしているさくらのサーバでドラゴンクエスト9攻略Wikiを運用している関連の話題がありました。ドラクエ9発売後、ひろゆきさんが「成功するネットサービスの十分条件の一つ」というブログ記事を書き、さくらインターネットのことを無償で褒めたあげたのだから、寿司をおごってくれと田中社長に言ってきたそうです。ドラクエより寿司の方が上だったとかなんとか…。