TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


前回の「【PR】タッチパネル付き!TEC.BEAN 手振れ補正搭載4Kアクションカメラ レビュー1」からの続きです。

タッチパネル搭載により、ボタンを極限まで省き美しいデザインとなっているTEC.BEAN 4Kアクションカメラ。「ボタンがないことで操作性はどうなの?」と疑問に思う部分もあったりしたのですが、正直、タッチパネルをなめていました!タッチパネルすごいです!


まず、上部ボタンを長押しして電源を入れます。ここで出てくるのが2.45インチの大型液晶。解像度が高く、視野角も広めで見やすいです。コントラストは若干低めですが、明るい液晶です。屋外でもけっこう見やすいです。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


で、ここからがタッチパネルの操作性のすごいところ。右下の設定マークをタッチすると、設定画面に移ります。他のアクションカメラだと、前面のモードボタンを何度も押して設定画面にようやくたどり着いたり、あるいはサイドのボタンを押してたどり着いたり、意外と紛らわしい操作性だったりします。今回のアクションカメラはタッチパネルなので、画面上の設定ボタンをタッチするだけで一発で設定画面に移ります。簡単です。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


メニューは最初から日本語に対応しています。撮影視野やWDR(ワイドダイナミックレンジ)の設定もできます。解像度のところをタッチすると、選べる解像度が出てきます。最高は4K 24FPSです。続いて、2K 30FPS、1080P 60FPSと続きます。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


そしてタッチパネルのすごいのがここ!他のアクションカメラでは、解像度の選択肢がたくさんあると、それだけたくさん移動ボタンを押さなくてはいけませんでした。下には進めても、上には戻れないカメラとかもあって、選ぶのが大変でした。ところが、今回のアクションカメラはタッチパネルなので、スワイプ操作でスライドさせるだけで移動できます!選ぶときもタップするだけです。タッチパネルの反応も良く、操作性はとても良いです。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ
2018年04月20日 カメラ・写真
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


DBPOWER LEDデスクライト レビューDBPOWER 4Kアクションカメラ 620C レビューに続き、今回はTEC.BEANブランドのタッチパネル付き手振れ補正搭載4Kアクションカメラをご提供いただきました。

今までのアクションカメラとは違って、センスの良い黒い箱で届きました。全て英語かなと思ったら、日本語で書かれていました。1600万画素、4K、広角170度、Wi-Fi、30M防水が特徴のようです。TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


箱の裏には、技適番号が!これは、日本での販売に力が入っている証拠です。安心して、Wi-Fiでアプリ操作できます。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


オープン!
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ
2018年04月19日 カメラ・写真
屋久島に行ってきたので、野生のヤクシカとヤクザルの動画を撮ってきました。


屋久島でヤクシカとヤクザルに遭遇してみた - YouTube
2018年04月18日 動物
DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C


前回の「【PR】DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C レビュー1」からの続きです。

前面のmodeボタンを長押しして電源ON!電源を入れると、上部が赤く光ります。
DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C

DBPOWER 620C メニューチェック

まずはセッティングメニューをチェックしてみます。

初めから日本語表示でした。液晶は広視野角のIPSパネルではなく、発色が良くない角度が変わると見にくくなるタイプです。
DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C


ムービーサイズは、1080P(60fps)、1080P(30fps)、720P(120fps)、720p(60fps)…
DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C


それから、4K(25fps)、2.7K(30fps)です。4Kよりも1080Pが先にあることから、このアクションカメラも本領発揮は4Kよりも1080Pの方だと思われます。
DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C


全セッティング内容は、ムービーサイズ、ループ録画、日付スタンプ、解像度、三つ連続撮影、連続撮影、連続時間、露光指数、タイムプラス、電源周波数、言語、日時設定、操作音、自動電源オフ、180度回転、スクリーンセーバー、省電力、フォーマット、全てリセット、バージョン情報です。この前レビューしたアクションカメラにそっくりです。操作音はオフにできるタイプなので安心です。
DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C


全てのチェックが終わったところで、実際に撮影した動画をチェックしてみます。
2018年03月28日 カメラ・写真
DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C


【PR】DBPOWER LEDデスクライト レビューに引き続き、DBPOWER製品をレビュー用に提供していただきました。今回はDBPOWER 4Kアクションカメラです。

ACTION CAMERAと書かれた黒い箱で届きました。モデル名は620Cのようです。
DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C


底面には、各国語で仕様が書かれています。日本語もあります。「画像安定化技術」と日本語で書かれていました。表のパッケージには「ANTI-SJALE TECHNOLOGY」(ANTI-SHAKEのスペルミス?)と書かれています。先に言っておくと、動画撮影時の手振れ補正機能は一切ありません。
DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C


オープン!
DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C


DBPOWERと書かれたケースが出てきました。黄色がアクセントになっています。
DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C


ケースオープン!
DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C


左右に分かれ、付属品がたっぷり入っていました。
DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C


中身はこれです!
DBPOWER 4Kアクションカメラ 620C
2018年03月27日 カメラ・写真
DBPOWER LEDデスクライト


【PR】FUNAVO 子供用ポータブルDVDプレイヤー レビューに引き続き、レビュー用にLEDデスクライトを提供していただきました。

Amazonから箱が届きました。持ったときに「軽い」と感じました。日本語で商品説明が書かれています。ただ、箱はわずかに潰れていました(中身に問題はありませんでした)。
DBPOWER LEDデスクライト


このLEDデスクライトの特徴は、3色で選択、5段階で調光、目に優しいの3点です。
DBPOWER LEDデスクライト


オープン!
DBPOWER LEDデスクライト


LEDデスクライト本体、ACアダプター、説明書類が入っていました。
DBPOWER LEDデスクライト
2018年03月26日 雑記
EKEN H9R アクションカメラ


GearBest」さんに提供していただいたアクションカメラ EKEN H9R のレビュー、【PR】EKEN H9R アクションカメラ レビュー1【PR】EKEN H9R アクションカメラ レビュー2からの続きです。 今回は、いよいよ動画を撮って画質等をチェックしてみます。
2018年03月23日 カメラ・写真
EKEN H9R アクションカメラ


前回の【PR】EKEN H9R アクションカメラ レビュー1からの続きです。 「GearBest」さんから、レビュー用にアクションカメラを提供していただきました。

EKEN H9R 電源オン!

EKEN H9R の電源をオン!安いアクションカメラなので、見づらい液晶かと予想していましたが、見やすい液晶です。

SETTINGSから日本語にも変更できます。でも日本語よりも英語の方がわかりやすいので、英語のまま使います。
EKEN H9R アクションカメラ


Video Resolutionを確認すると、1080P(60fps)、1080P(30fps)、4K(25fps)、2.7K(30fps)、720P(120)の順で表示されました。4KよりもフルHDが主力だと思わせる並び順です。
EKEN H9R アクションカメラ


その他、ループ録画、タイムスタンプ、明るさ、タイムラプス、電力周波数の設定など一通り揃っています。そうそう、音も消せます。安いアクションカメラの中には、起動音や撮影音を消せないものもありますが、これは問題なく消せます。EKEN製アクションカメラ、ソフトウェアに問題がなくて安心です。

防水ケース

EKEN H9R本体に、防水ケースを付けてみました。
EKEN H9R アクションカメラ


レンズの出っ張りは少なめです。
EKEN H9R アクションカメラ


防水ケースに入れても液晶画面が見えます。
EKEN H9R アクションカメラ
2018年03月15日 カメラ・写真
EKEN H9R アクションカメラ


先月の【PR】手振れ補正付き!Hawkeye FIREFLY 8 レビューに続き、「GearBest」さんから、レビュー用にアクションカメラを提供していただきました。
今回提供していただいたのは、【PR】4Kで手振れ補正付き!EKEN H6s EIS 4K+ レビューに続いてのEKEN製アクションカメラになります。前回のH6sは、メーカーのEKENさんから直接提供していただきましたが、今回はGearBestさんからの提供となります。

中国から届いたEKEN H9Rはこちら!
EKEN H9R アクションカメラ


ケースの上部の透明な部分にアクションカメラ本体が見えます。
EKEN H9R アクションカメラ


仕様は、30M防水、170度超広角レンズ、1050mAhバッテリー、2インチLCD、HDMI出力、Wi-Fi、12MP写真、4K25 / 2.7K30 / 1080p60/30(H.264) / 720p120(H.264)です。H9Rは、4K撮影に対応した防水アクションカメラということになります。
EKEN H9R アクションカメラ


箱の中身は、防水ハウジング、フレーム、マウント類、ハンドルバー、リモコン(オプション)です。
EKEN H9R アクションカメラ


では開けてみます。オープン!
EKEN H9R アクションカメラ
2018年03月14日 カメラ・写真
B&O PLAY Beoplay H9i


前回の「【PR】B&O PLAY Beoplay H9i レビュー1」からの続きです。今回はB&O PLAY Beoplay H9i の音質、操作性、装着感などのレビューをします。
国内公式サイト
B&O PLAY | KANJITSU DENKI CO.,LTD.
Amazon
B&O Play ワイヤレスヘッドホン Beoplay H9i ノイズキャンセリング Bluetooth4.2 AAC 対応 ナチュラル(Natural) Beoplay H9i Natural by Bang & Olufsen(バングアンドオルフセン) 【国内正規品】

B&O PLAY Beoplay H9i の装着感

まずは Beoplay H9i の装着感から。ヘッドフォンの場合、装着感が良くないと、それで全てが台無しになってしまいます。

前回のレビューにも書いたとおり、ヘッドフォンのバンドの長さは調整できます。上部バンドの頭に当たる部分は、ふかふかな物の方が良いのかと思っていましたが、このヘッドフォンは固めです。特に問題はありません。バンドの外側は、シボ感のあるカウレザーとなっています。
B&O PLAY Beoplay H9i


ダイナミック密閉型のヘッドフォンで、ラムスキンのイヤークッションの中に耳がスッポリ入ります。これのおかげで、側圧もキツすぎず、とてもイイ感じです。
B&O PLAY Beoplay H9i


驚いたのがポジションで、「いい位置を探す」という動作が必要ありません。適当に付けてもいい位置にセットされて、乱れない音が流れます。ヘッドフォンを微調整することなくベストポジションが決まります。

iPhoneと接続

ヘッドフォンのON/OFFスイッチを長スライドすると、ペアリング待ち状態になります。
B&O PLAY Beoplay H9i


iPhoneからBluetooth機器を探すと、Beoplay H9i が見つかります。タッチして簡単にペアリングできました。
B&O PLAY Beoplay H9i


ペアリング接続も安定していて、電源を切っても、また入れ直せばすぐにiPhoneとつながります。AACコーデックなので、iPhoneと相性は良いです。

B&O PLAY Beoplay H9i の操作性

操作は、すべてR側で。スイッチでON/OFFできます。USB-Cでの充電も簡単です。有線オーディオケーブルも挿せます。
B&O PLAY Beoplay H9i


操作はタッチパネル。アルミの上を指でなぞることによって操作できます。
B&O PLAY Beoplay H9i


ただ、ヘッドフォンを付けていると目で見えない位置を操作することになるので、慣れるまでは少しミスします。大外を触れても反応しません。またタッチしたつもりでもできていなかった場合もあったりして、ある程度しっかりタッチしないとダメです。それさえ覚えておけば、ボタンをカチカチする必要もなく便利です。

B&O PLAY Beoplay H9i の音質

B&O PLAY Beoplay H9i


さて、Beoplay H9i のペアリングが済んだところで、いよいよ音楽再生!高級ヘッドフォンなので、低音がすごい気持ちいいとか、高音がキラキラしてるとか、そういうわかりやすい音質なのでしょうか。さて、Beoplay H9i の音質はどうなのか…再生!

「あれ、高音がシャカシャカしてる…?」
2018年03月12日 音楽